通信教材一覧

スタディサプリ塾と併用も多い映像授業人気z会と比較すらら併用案

小学・中学・高校、そして大学受験まで、5教科18科目すべて学べて月額980円(税抜)という画期的な学習サービスのスタディサプリが評判になっていますが、もうお試しになりましたか? 映像授業の学習サービスで自分で選んで勉強していくスタイルのため、比較的学力が高めのお子さんに人気があるようです。 そして、学力が高めのお子さんの通信教育といえば、z会も有名ですね。 学力の高めのお子さんのために、塾なしで通信教材や自宅学習教材のよい教材をお探しの場合、どうやって選んだらよいでしょうか。

中学生テスト30点5教科平均の場合の対策定期中間期末で合計300点取る

中学生になり、定期テストがはじまって、中間期末の結果はいかがでしたでしょうか。 基礎学力に不安があり、学校の授業についていけない、学習習慣が身についていないなどの場合は、5教科平均で100点満点でも30点以下などの場合も考えられます。 あわてて塾に行かせるよりも、まずは試してほしい最新の自宅学習教材があるので、おすすめしたいと思います。

勉強できない頭いいのに親のせいにする理由子供に合う勉強法探し

中学生くらいになってくると、思春期、反抗期も重なってきて、勉強が苦手なお子さんはさらにコンプレックスを高めて扱いにくくなることがあると思います。 iq高いタイプなど、親から見て口も達者でなんでも器用にこなすようにみえるのに、勉強が苦手で不思議に思うお子さんも少なくないですよね。 お子さんも自分の賢いというセルフイメージと、現実の成績の悪さのギャップに苦しむことが少なくないのではないかと思います。 簡単には解決しない問題ですが、参考意見を書かせていただきます。

すららパンフレット資料請求で学力診断テストがスゴイことがわかった

対話型アニメーション教材すららが話題になっていますが、資料請求してみたので、ご紹介します。 なお、わたしが資料請求したのは2017年9月なので、今後時期や請求内容によって届く資料が異なることはご了承ください。 請求して3日ほどで、大きな薄い封筒が届きました。資料は多くはないですが、わかりやすくてよかったですよ。 会員数が現時点で4万人を超えているそうで、いま注目、人気急上昇のデジタル教材なんですね。

通信教材で高校受験塾教材自宅で学べる口コミ自分だけの模擬テスト

塾は費用が高く、送迎もできない、部活が忙しすぎる、子供が勉強嫌いなどの理由で、塾の利用はあきらめている場合、タブレットやパソコンで学習できる自宅用の通信教材に興味を持つことがあると思います。 しかし、通信教材だけで高校受験が可能かどうか、不安のある保護者の方も多いと思います。 普通の共通問題を出すタイプの公立高校入試なら、通信教材だけでも十分対応可能です。 勉強が遅れていて困っている場合に特におすすめなのはすららという教材になります。

私立中学退塾迷う中高一貫校勉強しない子どもに塾必要?通塾負担

お子さんを私立中学、中高一貫校に通わせた経験のある保護者の方を何人か知っていますが、塾をどうするかは1年、2年、3年でそれぞれお悩みがあったようです。 学校は基本的に塾なしで大丈夫という姿勢のところが多いですが、実際には、私立中学に通いながら、塾や通信教材を利用しているお子さんは多くいらっしゃいます。

通信教材英語小学生向きの自宅学習教材は子供いつから勉強を始める?

最近は通常、小学校3年生からローマ字を習います。 アルファベットを覚え、ローマ字をしっかり読んで書けるようになるのに、おうちでも宿題が出ることが多いでしょう。 また、小学校5年生から英語の授業も始まりますよね。 この小3のローマ字学習や、小5の英語学習などをきっかけに、「中学校に向けて小学校の間に英語を勉強しておいた方がいいのかな」と考える保護者の方も多いと思います。 おおげさに塾に行かなくても自宅で手軽に学習できるよい教材はないかな、と考えたりしますよね。

自宅学習教材中学生通信教育はデジタルか紙か?高校受験問題集は何

自宅学習教材を探すときに、通信教育やネット塾に興味を持つ保護者やお子さんは多いと思います。 通信教育というと定期的に教材が届いて添削がされるイメージがありますが、現在はそれに加えてデジタル化されたオンライン塾といった形の通信教育も増えています。 通信教育の主な種類と特徴を知って、お子さんのタイプに合うものを選ぶのがいいですね。

オンライン学習塾すららと塾通信教育家庭教師の併用組み合わせは

オンライン学習塾すららは、さまざまなタイプのお子さんに合わせて自分に必要な学習を無駄なくできる自宅学習教材です。 すららは英国数の3教科のインターネット学習教材なので、すららだけだとそのほかの教科について不安がある場合もあると思います。 その点について考えてみました。