反抗期一覧

中学生スマホ勉強しない学力低下取り上げるかいじめトラブル悪影響も

中学生のスマートフォンの普及率は5割を超えているそうで、中学生になると持っているお子さんが増えるようです。 わたしも中学生の子供の母親ですが、周囲では、部活の連絡や友達付き合いに必要だからと子どもにせがまれてしぶしぶ与えたり、親が仕事で忙しく子どもとの連絡用にスマホが必要になって買い与えたという例もききます。 ただ、スマホ依存症とでもいうのか、ゲームやライン、動画視聴に夢中になって、学力低下につながる例も少なくないようで、そういうお悩みもよく学級懇談会などでうかがいます。 どう対策するのが良いのでしょうか。

勉強嫌い落ちこぼれ中学生娘息子やる気がない反抗期勉強法英国数

落ちこぼれという言葉はきついですが、わが子にそんな言葉を使うほど、勉強嫌い、学力が低い娘さん息子さんをもつ親御さんのお悩みは深いのだとお察しします。 中学生になると高校受験も目前に迫ってきますので、焦りますよね。 勉強しないのは本人の問題、自分の力で行ける高校に行けばよいと世間ではいうものの、やはり学力が高いほうが、高校の選択肢は増えますので、親としては子供の成長につながる評判のよい高校にご縁があることを望むものでしょう。 やる気がない反抗期などの場合の勉強法について考えてみました。

中学生親一緒に勉強家庭学習親の関わり方親子では喧嘩に外注か

中学生のお子さんで、自宅学習が自立してできて成績もよいお子さんは少数のほうだと思います。 まだ中学生だと、多くの場合、大人がある程度勉強を見てあげたほうが、よい結果につながることが多いです。 塾や家庭教師の利用もよいですが、どうしても曜日や時間、科目が限られますので、基本的には、家庭で、親が子どもの勉強を気にかけてあげることが大事だと思います。 我が家にも中学生、高校生の子どもがおりますが、それなりに手がかかっています。 摩擦のない親子のかかわり方や、自宅学習を見守りやすくする環境づくり、自宅学習教材などについてご紹介します。