内申一覧

通知表からの内申点の出し方は?対策で違い評定中学生本人と親の理解

通知表の評定内容と内申点の関係ってご存知ですか?中学校が高校受験向けに内申書(調査書ともいう)を作りますが、その内申点のもとになっているのが、通知表です。 なので、こつこつと通知表の成績を維持し高めていって、内申点を確実にとっていくことが重要になります。中1、中2、中3とありますが、どういった対策が必要になるでしょうか。

内申納得いかない理不尽不公平おかしい不満があるときは観点チェック

中学生が高校受験にあたって、当日の試験と同様に大事になってくるのが内申、通知表の成績ということになります。 内申書、調査書などの呼称で呼ばれる成績表が願書と一緒に高校に出され、入試当日の試験の点数と併せて判断されることが、公立も私立も多いです。 内申と試験当日の成績の配分は都道府県や学校によっても違い、内申はほとんど関係ない学校もあれば、内申を非常に重視する学校もあります。 内申の出来不出来で、進路相談、三者面談などの中で、志望校を決定する重要な材料にもなりますので、親御さんもお子さんもとても気になりますよね。 ところが、この内申の点の付け方に不満を感じている人は少なくないのです。くそったれ、という声も聞こえてきます。