三者面談一覧

中1三者面談内容先生に聞くこと話すこと成績悪い勉強の仕方高校受験

中学1年生の三者懇談(面談)を控えている時期のご家庭も多いと思います。 中学生とはいえまだ高校受験の話は早いようだし、何を話せばいいのか困っている保護者の方も多いですよね。 成績が悪い、伸び悩んでいるお子さんの場合は、耳の痛い話になりそうで、親子で気が重い場合もあるでしょう。 あまり気負わず、先生からのアドバイスを前向きに生活や学習に生かしていく機会にしましょう。

三者面談高校大学受験に向けて進路先生に説明確認入試あるある親態度

高校生のお子さんの三者面談を控えているご家庭も多い時期だと思います。 大学進学を希望されている場合、先生とのお話はとても重要になってきますよね。 高校1年では文理選択や生活学習態度の指導評価、高校2年では具体的な志望校のイメージや生活学習態度の指導評価、高校3年生では、決定した志望校に向けての学習アドバイス、成績状況の見方、スケジュール確認や各種手続きなどが主な話題になるかなと思います。 三者面談を有効に活用するにはどういうことに気を付けるのが良いでしょうか。

三者面談服装中学で親はどうする話す内容進路はいつから考えておくか

中学に入ると、三者面談、三者懇談、個人懇談などの親、子、先生との面談が始まりますね。 うちの子どもの公立中学でも、中1、中2でそれぞれ年2回ありますし、中3ではたしか、4回くらいあったと思います。 結構多いですよね。 親の服装や話す内容など、あらかじめイメージしていると緊張もせず、失敗もないと思います。お子さんのご家庭での好印象を先生に伝えるチャンスでもあります。うまく活用しましょう。