すらら一覧

オンライン学習塾ネット松陰塾すららインターネット個別指導比較料金

最近は、タブレットやパソコンを使って、個別指導塾のような学習サービスを受けられるデジタル教材、オンライン学習塾もいろいろあります。 今回は、デジタル教材を使った話題の自宅学習サービスである、すららとネット松陰塾に注目してみました。 ネット松陰塾はショウイン式学習法で有名ですね。 比べてみると、それぞれの良さが合って迷います。それぞれのサービスの得意なところに注目して、ぜひお子さんに合うサービスを選んであげてください。

すらら学習生徒をひきつけるドリルテスト工夫教材親の管理機能費用

最近小中学生に人気のタブレット学習、パソコン学習ですが、すららという自宅学習教材についてご存知ですか? 多くの塾や学校でも採用実績のある信頼性の高いデジタル教材で注目されています。 特に勉強の苦手な学力の低いお子さんに学習習慣をつけ、いままでの学習内容のヌケモレをうめて基礎学力を高めるのに適している教材です。

小学生の勉強方法学習習慣中学に向けて子ども家庭教育母親サポート

小学生のお子さんの家庭学習について、お悩みのお母様も多いと思います。 宿題もろくにやらずにテストの点も悪いということもあれば、宿題しかやらないテストの点はいいが学習習慣がいまひとつついていないということもあるでしょう。 有名な通信教材をつかってみても、ためてしまて長続きしなかったというのもよくある話ですね。 中学受験をしない場合、普通の公立中に進学予定なら、小学生の家庭学習というのは何をどこまでするのがよいのでしょうか。 中学校で困らないための、小学校時代の家庭学習のあり方について考えてみました。

中学受験塾なし家庭学習塾行かない偏差値を知る方法中学校入試対策

中学受験を塾なし家庭学習でチャレンジするご家庭も多いと思います。 費用の掛かる私立中は受けずに、国公立の附属中や中高一貫校だけを受けるような場合などはよくうかがう話です。 ご縁がない場合は公立中とわりきってしまえば、合格できればラッキーということで、塾にいかずに自分でできるところまでがんばって力試しするというお子さんなら、ぜひ応援してあげたいですよね。 ただ、せっかくチャレンジするからには、できるだけ合格を勝ち取れるように親も学習環境や教材を整えてあげる必要はあると思います。 どういったものがあるでしょうか。

すららタブレット学習スマホアプリ違い学費口コミは中学生勉強効果は

最近すららというデジタル教材が注目を集めています。 手持ちのiPadなどのタブレットやパソコンを利用するインターネットのオンライン学習塾のような自宅学習教材です。 スマホは利用できません。また、無料アプリでもありません。有料で毎月会費を払うタイプです。 学費もお安いですし、効果はばっちりあると口コミで評判がひろがっています。

進研ゼミ中学講座とすらら比較で学習スタイルや学力診断テストに魅力

通信教育ときいてまず頭に浮かぶのが進研ゼミというくらい浸透している伝統の通信教材進研ゼミ中学講座と、最近注目されている対話型アニメーション教材すららを比較してみようと思います。 サービスの多様性は圧倒的に進研ゼミですが、個別対応の学習サービスという点ではすららも大変魅力があります。 まったく違うサービスなので、単純に比べられないのですが、どちらか迷っている方に参考になれば幸いです。

中学生テスト30点5教科平均の場合の対策定期中間期末で合計300点取る

中学生になり、定期テストがはじまって、中間期末の結果はいかがでしたでしょうか。 基礎学力に不安があり、学校の授業についていけない、学習習慣が身についていないなどの場合は、5教科平均で100点満点でも30点以下などの場合も考えられます。 あわてて塾に行かせるよりも、まずは試してほしい最新の自宅学習教材があるので、おすすめしたいと思います。

英語学習pc自宅で習慣化できるすらら小中高生無料お試し講座体験も

小学生の保護者の方は、中学からの英語の成績がどうなるか気になっているでしょうし、中学生になってから英語の成績が伸びないと悩んでいる保護者の方もいます。 高校受験、大学受験でも絶対に必要なのが英語なので、特に気になる教科ですよね。英語学習できる塾や教材はお高いものも多いです。 しかし、英語だけにお金や時間をかけられないという面もあります。 英語教育費用足りない、払えないという切実な保護者の方の声も上がっています。 安価で効果的なPCパソコンやタブレットでの自宅学習についてご紹介したいと思います。

タブレット学習スマイルゼミとすらら比較評判口コミ費用お得なのは

タブレット学習でジャストシステムのスマイルゼミという教材がよく知られています。 良質の教材がお安く利用でき、学校の教科書や9教科も対応するということで、中学生にも人気があるようです。 一方で、3教科のみの教材ですが、タブレットやパソコンで学習できるすららというデジタル教材もあって、最近注目が急上昇しています。 こちらは無学年制で必要なところまでさかのぼったり先取りできたりという特徴があります。 タブレット学習教材を検討する場合この二つで迷うことも多いと思うので、比べてみました。

中2英語国語数学の勉強方法すららでは中間期末テスト理科社会は

中2になると、学習する内容も難しくなって量も増えて、ぐっと勉強に苦手感を持つお子さんが増える印象があります。 中だるみという言葉もありますが、部活で存在感もまし、友人関係も深まって、勉強に身が入らない時期でもあります。 生活も忙しく、塾をいやがったり、塾をやめてしまうなどのお子さんも出てきますね。 通信教材も使いこなせなくてこまってしまったりなどのケースもよく聞きます。 すららという自宅学習教材で、勉強の苦手感や学習時間の不足を補う工夫ができるので、ご紹介します。