高校受験一覧

内申納得いかない理不尽不公平おかしい不満があるときは観点チェック

中学生が高校受験にあたって、当日の試験と同様に大事になってくるのが内申、通知表の成績ということになります。 内申書、調査書などの呼称で呼ばれる成績表が願書と一緒に高校に出され、入試当日の試験の点数と併せて判断されることが、公立も私立も多いです。 内申と試験当日の成績の配分は都道府県や学校によっても違い、内申はほとんど関係ない学校もあれば、内申を非常に重視する学校もあります。 内申の出来不出来で、進路相談、三者面談などの中で、志望校を決定する重要な材料にもなりますので、親御さんもお子さんもとても気になりますよね。 ところが、この内申の点の付け方に不満を感じている人は少なくないのです。くそったれ、という声も聞こえてきます。

夏期講習費用が心配!高校受験に必要か中3コマ数講座数オンラインは

中3の夏休みに高校受験に向けて塾の夏期講習を検討されているご家庭も多いと思います。夏休みに苦手科目対策や中1中2の復習を一気に仕上げて秋からの高校入試問題演習に備えたいところです。 自分だけでは受験勉強をすすめるのが難しいお子さんには合う塾を探してあげたいですね。 部活との両立で長時間の拘束や費用面で心配なご家庭は、お子さんに必要なコマ数、講座数だけとれる個別指導塾などが無駄がなくてよいかもしれません。

志望校高く設定高校受験大丈夫?レベル高い諦めたくない受かるため塾?

高校受験では、中3の最初のうちは高めの偏差値レベルの志望校を設定して学力アップをめざすのがよいという話をよく聞きます。できればそのまま学校のランクを下げずにお子さんが最後まで受験を走り抜けられるといいですよね。 ただ、受験勉強期間の中で、模試の成績などで上下があり、受験は水物という面もありますから、見守る親としてはいろいろな可能性を考えておく必要があります。志望校の設定の仕方はどのようにしていったらいいでしょうか。

勉強できない受験生やる気と学力不足不安つらい悪循環を断ち切ろう

わが子が勉強できないとなげく親御さんは多いです。高校受験、大学受験を目の前にして不安な思いをかかえていらっしゃるお父さん、お母さんも多いと思いますが、不安なのは当事者でもあるお子さんも同じなのではないかと思います。勉強ができない悩みをどうしたらいいでしょうか。

アスペルガーの高校受験対策親がすること中学生勉強方法受け入れ高校

アスペルガーなどの広汎性発達障害のお子さんは、勉強には困らないタイプもいますが、いっぽうで字が汚い、教えられるのが苦手、こだわりが強い、感覚が過敏などの特性のために、学力が付きにくかったり、学校の評価を実力以上に低くつけられるタイプのお子さんもいらっしゃると思います。 中学校に入るととたんに高校受験を意識した内申対策を学校から求められ、戸惑う親子さんも少なくないのではないでしょうか。 アスペルガーの高校受験対策親ができることについて考えてみました。

大学受験目指す高校選び公立私立偏差値選択コツ指定校推薦国公立大学

中学生の保護者はどうしても目先の高校受験に集中してしまいがちですが、高校を終えた後、就職するのか、大学や専門学校に進学するのかなど、その先の進路を見据えて、お子さんに合う高校選択をするという視点も大事です。 大学に進学希望のお子さんの場合は、希望する大学に進学するのに有利な高校を選ぶのが大事です。 保護者の先輩方にお話しをうかがう機会があったので、勉強したことを御紹介したいと思います。

高校受験志望校決定時期高校選びいつから下げる上げる変更失敗しない

先日、公立中学1年の子どもの保護者懇談会に行ってきました。 学年全体のもので、高校受験についての情報提供ということでしたが、複数の先生が教師としてではなく、親として経験した高校受験、大学受験について体験談をしてくださり、保護者の先輩としての御意見もいろいろあって、とても参考になりました。 うかがったお話の中から、一般的にも参考になると思われるご意見や情報をご紹介したいと思います。

赤本使い方コピー模試復習解答用紙書き込みノートコピー機家庭用は

中学受験、高校受験、大学受験ともに、赤本、青本などの入試の過去問を勉強すると思います。 問題用紙、解答用紙ともにコピーして解くと何度も解き直しができて便利ですよね。 解答用紙のコピーだけでもいいですが、作図や途中式などの書き込みがある場合は問題用紙もコピーしたいところです。 中学受験のあるご家庭では、業務用のコピー機をリース、レンタルすることも多いそうですが、最近はコンパクトなビジネスプリンター(コピー機、ファックス複合機)が手ごろな値段で入手できるようになってきました。

三者面談中3高校受験時期子ども先生と確認ポイント志望校出願手続き

うちの子どもの通う公立中では、中1中2だと、家庭訪問のほか、1学期末と2学期末に1回ずつの三者面談なのですが、中3になるとぐっと回数が増えて、家庭訪問のほか、1学期に2回、2学期に3回ほど三者面談がありました。なんだか後半はとくに毎月行く感じでしたね。 学校にもよるのでしょうが、中3では手厚く三者進路相談ということで、三者面談をされる中学校が多いと思います。 校外模試、校内実力テスト、三者面談の日程を早めに把握して、余裕をもって志望校を絞り込むようにするのがおすすめです。

受験間近勉強しない底辺成績の息子娘やる気は中三合格をあきらめない

受験間近なのに勉強しないお子さんのいらっしゃるご家庭では、親御さんもご心配が多いことと思います。 底辺なのではないかと思うような成績の息子さん娘さんは、お子さん自身も勉強ができなくておつらいのではないでしょうか。 親子であきらめて投げやりになってしまっているかもしれませんが、ここはなんとか、親御さんががんばってお子さんに合う勉強法を見つけてあげてやる気を出させてあげたいところです。 いま利用している塾や通信教材はお子さんに合っているでしょうか。 今からでも間に合う可能性のある自宅学習教材もあります。