中学受験一覧

中学受験算数対策の自宅学習は?小学低学年からの先取りで得意になる

中学受験をお考えのご家庭では、小学校3年生から4年、5年、6年生などに上がるタイミングで、中受用の進学塾への入室をご検討のご家庭も多いと思います。 ただ、塾では、小学校の学年相当のレベルの習得はもちろんのこと、すこし踏み込んだ力を持っていることで、お子さんが自信を持ち、受験勉強のよいスタートを切れると思われます。 塾に行きだす前に、特に算数については、楽しみながら考える力を深める習慣を家庭学習で身に着けられるといいですね。 幼児から小学生向けの算数に特化した家庭用タブレット学習が最近注目されているのでご紹介したいと思います。

中学受験塾なし家庭学習塾行かない偏差値を知る方法中学校入試対策

中学受験を塾なし家庭学習でチャレンジするご家庭も多いと思います。 費用の掛かる私立中は受けずに、国公立の附属中や中高一貫校だけを受けるような場合などはよくうかがう話です。 ご縁がない場合は公立中とわりきってしまえば、合格できればラッキーということで、塾にいかずに自分でできるところまでがんばって力試しするというお子さんなら、ぜひ応援してあげたいですよね。 ただ、せっかくチャレンジするからには、できるだけ合格を勝ち取れるように親も学習環境や教材を整えてあげる必要はあると思います。 どういったものがあるでしょうか。

中学受験塾の学習授業だけで子供合格するか家庭でも対策できる勉強は

小学校高学年になると、中学受験に備えて、学習塾、集団塾、進学塾を利用されているご家庭も多いと思います。 だんだん学習する内容の難度も上がり量も増えて、大変な思いをされているお子さんも少なくないでしょう。 どんどん量をこなしていかなくてはいけない受験勉強の中で、わかったつもりや学び残しの部分が出てきて、 成績が上がりにくくなったり、下がったりすることもあるかもしれません。 家庭でもできる対策はないでしょうか。

中学受験低学年子ども小学生の準備勉強先取り教育家庭学習親子で合格

小学校1年2年3年までの公立小低学年のお子様がいらっしゃる保護者の方で、中学受験を迷っているとか、ご検討中の方も多いと思います。 お友達の中にも、中学受験を意識されてか、低学年から熱心に、塾や学習教室に通わせているご家庭のお話しを見聞きされるのではないでしょうか。 ただ、小学生低学年向けの塾や学習教室が近くになかったり、費用的に予算が合わないような場合、特にまだ受験が決定していないうちはなかなかすぐに通わせるのに迷う場合も多いと思います。 自宅学習教材でよいものがあれば、本格的に塾に通わせる前に基礎学力をつけておくことができますよね。