中1三者面談内容先生に聞くこと話すこと成績悪い勉強の仕方高校受験

中学1年生の三者懇談(面談)を控えている時期のご家庭も多いと思います。

中学生とはいえまだ高校受験の話は早いようだし、何を話せばいいのか困っている保護者の方も多いですよね。

成績が悪い、伸び悩んでいるお子さんの場合は、耳の痛い話になりそうで、親子で気が重い場合もあるでしょう。

あまり気負わず、先生からのアドバイスを前向きに生活や学習に生かしていく機会にしましょう。

スポンサーリンク
  

中1三者面談内容先生に聞くこと話すこと成績は

中1三者面談内容は、通常は担任の先生からは、その時点での成績や学習評価などのお話しがあると思います。

ていねいな担任の先生だと、各教科ごとの先生からのコメントをフィードバックしてくれたりもしますので、メモをとってうかがいましょう。

また、日ごろの中学校での様子、生活態度、学習態度、部活、生徒会の活動状況などについてもお話しくださると思います。

保護者としては至らない点をしっかりきいて直してやりたい気持ちのほうがはやるかもしれませんが、おほめのお言葉もあると思いますので、それもちゃんと記憶(メモ)してあとでお子さんを褒めてあげる材料にするのがポイントです。

親御さんから聞くこととしては、成績が伸びていない、下がっている教科についての具体的な学習法などのアドバイスをいただくこと、今後の高校受験までのスケジュールでいまのうちにやっておいたほうがいいことなどを聞いておくといいと思います。

おそらく、高校受験については、高校見学やオープンキャンパスなど早めに行っておくのもよいなどのアドバイスをいただけるのではないでしょうか。

また、保護者から先生にお話しすることとしては、家庭での様子ということですが、本人の前で話すことなので、あまり、「勉強しない」「スマホゲームばかり」「夜更かししすぎ」などのマイナス面、親としての不満にはふれずに、「やさしい」「お手伝いをしてくれる」などお子さんのよいところを担任の先生にお伝えするほうがメリットが大きいと思います。

やはり、難しい年頃なので、本人の前で顔をつぶすような話はあとあと不満を残すだけで、先生のアドバイスも素直に聞き入れにくいと思います。

保護者としてお子さんについて悩んでいること「勉強しない」「成績が伸びない」などの深刻なことについては、別途時間をとって先生と二人でお話しするなり、お子さんのいないときに電話で相談するなりして対策を考えるのがおすすめです。

三者面談成績悪い勉強の仕方高校受験いつから

三者面談で成績悪いことについて、先生から厳しいお話がある場合もあると思います。

ひととおり現状やアドバイスをうかがったあと、具体的に改善すべきことについて、親としてもいろいろ質問してみるといいと思います。

授業態度、発言発表の積極性、提出物で気を付けること、テストで目標とする点数、教科ごとの勉強方法など、できるだけ具体的に教えていただくといいですね。

話が長くなりそうなら、三者面談の順番を最後のほうにしてもらうように、日時決定希望のお手紙を出すときにメモを添えておくといいと思います。

高校受験については中1だとまだ具体的なお話はないと思います。まずは中間期末などの定期テストを中心とした普段の学習についてのお話しをよくうかがうのがよいでしょう。

志望校などすでにある場合は伝えておいてアドバイスや中学校からの進学実績などをうかがうのもいいでしょう。

なお、三者面談についてはこちらでも詳しく書いています。

スポンサーリンク

三者面談生活態度中学校と情報共有家庭での対策

三者面談で中学校での生活態度をうかがうことで、家庭での過ごし方、対策の参考になることも多いと思います。

例えば、午前中学校で眠そうにしているようならば、睡眠時間、就寝時間を生活の中で改善するとか、必要であれば医療機関に相談するなどもできると思います。

忘れ物が多い、提出物のもれが多い、提出物の内容が雑、などの状況がわかれば、カバンの用意や提出物の勉強を親が手伝ってあげることも必要になるでしょう。

勉強の遅れについてかなり心配がある場合は、塾や家庭教師を考えるのもいいですし、最近はよい自宅学習教材があるので、とりあえずこれを試してみるのもよいと思います。

成績のよくないお子さんにわたしがおすすめなのはすららというデジタル教材で、タブレットやパソコンで勉強するタイプの個別インターネット塾のような学習サービスです。

すららは多くの塾や学校で採用実績のある信頼性の高い教材でもあります。小学校から高校までの無学年制の教材です。学年を先取り学習もさかのぼり学習もできます。

英国数の3教科で学力診断テストによって、それぞれのお子さんに必要な学習内容を提示してくれますので、どこを勉強すれば成績が上がるのかがわかりやすいのが特長です。

習ってないことも、習って忘れてしまったことも、アニメの双方向性のレクチャーによってしっかり学習し、ドリルとテストできっちり演習できるので、しっかり身につきます。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すららは公式サイトから簡単に無料体験できるので、ぜひお試しください。

まとめ

保護者としては至らない点をしっかりきいて直してやりたい気持ちのほうがはやるかもしれませんが、おほめのお言葉もあると思いますので、それもちゃんと記憶(メモ)してあとでお子さんを褒めてあげる材料にするのがポイントです。

また、授業態度、発言発表の積極性、提出物で気を付けること、テストで目標とする点数、教科ごとの勉強方法など、できるだけ具体的に改善ポイントを教えていただくといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする