三者面談高校大学受験に向けて進路先生に説明確認入試あるある親態度

高校生のお子さんの三者面談を控えているご家庭も多い時期だと思います。

大学進学を希望されている場合、先生とのお話はとても重要になってきますよね。

高校1年では文理選択や生活学習態度の指導評価、高校2年では具体的な志望校のイメージや生活学習態度の指導評価、高校3年生では、決定した志望校に向けての学習アドバイス、成績状況の見方、スケジュール確認や各種手続きなどが主な話題になるかなと思います。

三者面談を有効に活用するにはどういうことに気を付けるのが良いでしょうか。

スポンサーリンク
  

三者面談高校大学受験に向けて進路先生に説明確認

まず、文理選択や志望校など、三者面談で聞かれそうなことについては、事前に親子でしっかり話し合っておくことが大事になります。

思春期、反抗期でもあり、親子の会話も難しいような年頃かもしれませんが、叱ったり、お子さんの顔をつぶすようなことをいわず、一人の人間、大人として話をすすめてあげるのがおすすめです。

高校1年、2年のうちに、行く可能性のある大学にいくつか大学見学、オープンキャンパス参加などしておくとイメージがわきやすいと思うので、高校に入ったら、日ごろから大学受験は意識しておくことが大事です。

お子さんの成績に照らして、現実的な大学を希望するなら応援してあげるのが良いでしょうし、あまり高望みであったり、逆にランクの低すぎる大学を志望するなどの場合は、それぞれのリスクについても冷静にお話ししておくのが良いですね。

そのうえで、三者面談では、先生に聞かれることにお応えできるようにしておくのがよいと思います。

うちも少し前に高2娘の三者面談があったのですが、実力よりもかなりレベルの高い大学志望を先生に伝えたので、かなり驚かれて、厳しい指導をされました。

しかし、親子でもしっかり話し合ってのことだったので、先生のアドバイスは厳粛に受け止め、憧れを現実に近づけるために、親子で努力するとしっかりお答えできました。

大学入試三者面談あるある親の態度子どもとのケンカ

三者面談あるあるとでもいうのでしょうか、わたしの見聞きする範囲では、親の態度で先生がお困りになるのが、親がいいたいことをいってすっきりして終わってしまうという三者面談です。

親が子供の前で先生に、子供の至らないことをいろいろ報告して、親に賛同してもらい先生から叱ってもらって指導していただくことを期待してのことなのかもしれませんが、感じやすい年頃のお子さんには逆効果になりがちです。顔をつぶされたように思い、反抗心で、素直に聞けないことも多いと思います。

いま、できてないことをいうよりは、これからどうしたらいいか、先生にアドバイスいただくという姿勢でお話をきくほうがよい結果につながりやすいと思います。

また、文理選択や進路志望校など大事なことを親子でしっかり話し合っていないまま三者面談にきて、先生の前で喧嘩を始める親子もいるようなので、そういうのはほんとうに先生もお困りになると思いますし、なにも決められないと思います。

まずは、お子さんの素直な希望をしっかり受け止めてあげて、現実的な進む道を一緒に考えてあげる寄り添う姿勢が親には求められていると思います。

また、子供の成績が振るわず恥ずかしい、面倒などの理由で親が三者面談を欠席するのはお子さんがかわいそうなので、ここはがんばって参加することが必要だと思います。

スポンサーリンク

大学進学三者面談保護者志望校勉強相談ポイント

保護者が相談するポイントとしては、現在の志望校が子どもの実力に対して妥当かどうか、今後の学習に対してのアドバイスをもらえないか、そのほか親がしてやれることはないか、などがあげられるかと思います。

案外高校から親向けに対して強く言われるのは、お金学費の準備です。資料を下さることもありますし、これはきき流さないでしっかりきいたほうがいいです。

受験するだけでかなりかかりますし、入学後の学費、下宿生なら生活費など、相当かかります。奨学金、学費ローンについても調べておく必要があります。

大学4年間東京で下宿し私立大に行くなら、文系でも1000万以上かかることがあるなとわたしも試算しており、心とお金の準備をしています。

知人の私立大学職員にきいたことがありますが、子供が大学に合格した後で、入学金や学費が払えない、どうしようと相談してくる保護者が毎年いるということです。

それで結局入学できず、傷ついてしまうお子さんもいるのだということでした。子どもの進学について、知らないということが大きいのでしょうが、何も考えないで受験させているご家庭も少なくないのだということでした。

時間さえあれば奨学金など間に合うこともあるので、前もって試算し、高校や大学、役所や銀行に相談しておくことが大事です。親の仕事だと思います。

高1高2でしたら、その学年で習ったことのおさらい、復習などの方法について。高3ならば、具体的な入試問題演習方法などについても相談するとよいですね。

高校生で勉強が遅れていて成績が悪い、どこから手を付けていいかわからないような場合は、前の学年や、必要なら、中学校、小学校の内容にさかのぼって復習する必要がある場合もあります。

この場合は、塾や家庭教師もよいですが、最近ではよい自宅学習教材もあるので、ご検討して見られてはどうかと思います。

すららというデジタル教材なのですが、無学年制で小学校から高校までの内容をタブレットやパソコンで学習できます。

英国数の3教科で、学力診断テストで現在の学力のヌケモレをチェックすることができ、必要なところから勉強することができます。

無理、無駄がないので、高校生活、部活などで忙しい高校生にも効率よく勉強できます。

入会金1万、小中高コースで月料金1万(中高コースなら8000円)とリーズナブルな価格設定で、時期によっては入会金が無料になるキャンペーンもやっています。

すららは公式サイトから簡単に無料体験できるので、ぜひお試しになってみてください。

いままで塾や通信教材を試してみたけどダメだったというお子さんにこそお試しいただきたい教材です。

まとめ

文理選択や志望校など、三者面談で聞かれそうなことについては、事前に親子でしっかり話し合っておくことが大事になります。

まずは、お子さんの素直な希望をしっかり受け止めてあげて、現実的な進む道を一緒に考えてあげる寄り添う姿勢が親には求められていると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする