中1期末テスト平均点超える勉強法中間と定期社会予想問題時事問題は

中1お子さんで、1学期、2学期の期末テストで中間テストの成績を超えて平均点以上を確実に取ってほしいと思っている保護者の方も多いと思います。

定期テスト、回を重ねるごとにだんだん難しくなっていくように見えますよね。

中1の1学期中間は比較的易しい問題が多いといわれていますので、中1の1学期末や、2学期以降の成績で伸び悩んでしまっている、やる気が失せてしまったなどのお子さんもいらっしゃると思います。

わたしの周囲のご家庭でもよく見聞きする話です。

目前の期末テストで確実に平均点越えするには、どんな勉強法が必要でしょうか。

スポンサーリンク
  

中1期末テスト平均点超える勉強法中間の反省から

中学1年になって半年が過ぎ、部活や勉強にも慣れてきたかもしれませんが、2学期の壁にもぶつかる時期でもあります。

2学期で成績が下がるお子さんのお話しをよくうかがいます。授業をしっかり聞く、テスト勉強をする、ということにもっと本腰を入れてやり方を身に着けてもらう必要がありますね。

もう期末まであまり時間がないかもしれませんが、できれば、中間テストの反省から始めるほうが良いと思います。

漢字が書けていない、基本的な計算にミスがある、書き間違いや書き忘れ、授業理解の不足など、親子でよく見返してみると反省点もでてくると思うのです。

お子さんに自分に何が足りないのかをよくわかっていただく必要があります。

もちろん、期末ではそのできていなかった部分から重点的にやっていくことになります。

英国数は積み重ねの教科でもあり、短期間で点数アップはなかなか難しいと思います。

勉強したら成績が上がったという手ごたえをまずは経験してほしい場合は、理科社会から手を付けるのがお勧めです。

教科書、ノートをよく読み、学校のワークを繰り返し覚えることで、平均点はとれると思います。

平均点はもちろん学校によって違うと思いますが、うちの子どもの公立中学では、1年から3年までどの学年でも、だいたい60点から70点の間が平均点となることが多いです。

なので、およそその平均点の点数を目安として、多くのお子さんが、80点以上を目指して勉強していると思います。

親御さんが教科書やワークから問題を出してあげて、お子さんに答えさせるなど、暗記につきあってあげるのもとてもよい方法です。

すでに書き込んでしまったワークをやり直すのがきらいなお子さんには、事前に書き込む前のワークをコピーしておいてあげて繰り返し勉強するのもよいですね。

社会と理科は市販教材の実力メキメキ合格ノートシリーズも人気がありおすすめです。

定期テスト対策から高校入試まで対応しています。


実力メキメキ合格ノート 中学歴史 改訂版 (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学地理 改訂版 (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学公民 (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学理科[物質・エネルギー] (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学理科[生命・地球] (高校入試実力メキメキ)

なお、英国数についてももちろん試験範囲は勉強しつつですが、平均点をとれていないなら並行して、いままで学習した内容のヌケモレを埋める作業が必要です。

これについてはおすすめの自宅学習教材があります。英国数のすららというデジタル教材で、タブレット、パソコンなどで学習するサービスです。

中1定期テスト予想問題時事問題はどこから出るのか

中1定期テスト社会などの予想問題時事問題はどこから出るのかということですが、「中学 定期テスト 時事問題」などで検索すると、時事の予想問題を公開してくれているサイトがいくつかありますので、参考にするとよいと思います。

また、毎日のテレビや新聞のニュースから、親子で時事問題の予想をするのも力が付きそうですよね。

うちの中1の娘はいままでの定期テストですべて5教科480点以上をキープしているのですが、過去問題は範囲がぴったり合ってないものも多く、あまり意味がないといいます。それよりも、授業の復習や、ワーク、教科書準拠問題集の繰り返しのほうが点につながるそうです。

定期テストの過去問や予想問題などを探すよりは、授業中に先生が強調していたこと「大事ですよ」「テストに出ます」というポイントを重点的に勉強するほうが、点数にはつながりやすいと思います。

授業でそういうポイントを聞き逃している場合は、今後はきちんときくことにして、とりあえず目前のテストについては、その教科の先生にテスト勉強のアドバイスをもらったり、その教科が得意なお子さんに出そうなところを教えてもらうなどもする努力が必要です。

さきほどすこしふれたすららというデジタル教材では、英数については教科書と範囲を指定すると定期テストの模擬試験を自動で作成してくれて何度でも(同じ問題でも、違う問題でも)繰り返し勉強できるので、それを利用するのもよいですね。

スポンサーリンク

中1定期テスト対策点数を積み上げる自宅学習教材

いままでの学習内容が積みあがってだんだん難しくなっていく国数英については、平均点をとれてない場合はさきほどご紹介したすららで、いままでの学習内容のヌケモレを埋める学習をされることをおすすめします。

遠回りのようでも結果的に短期間で成績アップにつながると思います。

学力を確認するテストで、どこができてないかを探り出し、必要な問題だけ学習すればよいように個別に導いてくれるので、究極の個別塾とでもいったような学習サービスになっています。

無学年制で、学年を超えてさかのぼったり、先取り学習もできます。

どこで、つまづいたのか、なにを勉強すれば成績が上がるのかがわかるようになっているので、安心して学習をすすめられます。

入会金1万、月8000円の料金で、通常の集団塾、個別塾に比べるとかなりお安いですよね。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すららは公式サイトから簡単に無料お試しできるのでのぞいてみてください。

まとめ

勉強したら成績が上がったという手ごたえをまずは経験してほしい場合は、理科社会から手を付けるのがお勧めです。

いままでの学習内容が積みあがってだんだん難しくなっていく国数英については、平均点をとれてない場合はさきほどご紹介したすららで、いままでの学習内容のヌケモレを埋める学習をされることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする