中学受験塾なし家庭学習塾行かない偏差値を知る方法中学校入試対策

中学受験を塾なし家庭学習でチャレンジするご家庭も多いと思います。

費用の掛かる私立中は受けずに、国公立の附属中や中高一貫校だけを受けるような場合などはよくうかがう話です。

ご縁がない場合は公立中とわりきってしまえば、合格できればラッキーということで、塾にいかずに自分でできるところまでがんばって力試しするというお子さんなら、ぜひ応援してあげたいですよね。

ただ、せっかくチャレンジするからには、できるだけ合格を勝ち取れるように親も学習環境や教材を整えてあげる必要はあると思います。

どういったものがあるでしょうか。

スポンサーリンク
  

中学受験塾なし家庭学習合格する勉強法は

中学受験を塾なし家庭学習で合格する勉強法ということですが、まずは基礎学力固めが重要だと思います。

できれば小学校低学年から、遅くとも小学校5年生くらいからはそれまで勉強してきた小学校の学習内容をきちんと復習し、実力チェックをしておきたいところです。

ヌケモレがある部分についてはさかのぼって復習する必要があります。とくに国数は積み重ねの学習なので、つまづいた部分をそのままにしておくと、ずっと尾を引きます。

そのうえで、できるだけ早く、小学校6年生までの学習内容は先取り学習し、小6の後半では、入試問題や過去問の演習時間をしっかりとれるようにできるといいですね。

そういった学習ができる自宅学習教材で、おすすめなのは、最近注目されているデジタル教材のすららです。

タブレット、パソコンで学習するスタイルで、多くの塾や学校でも採用実績のある信頼性の高い教材になっています。

学力診断テストに基づいて、お子さんに合う学習内容を提示してくれます。小学校、中学校、高校の内容までさかのぼり、さきどりいずれもできるので、あれこれ教材を買わなくても済みますし、お子さんの学力をすみずみまで把握する手間も省けます。

非常に効率よく復習、そして先取り学習までできてしまう教材なのです。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

中学受験塾行かない偏差値を知る方法

中学受験塾行かない偏差値を知る方法ということですが、ご存知と思いますが、模試、模擬試験を受けるというのが一般的な方法だと思います。

模試には、地域の同学年の子が多く受けるテスト、ハイレベルな全国型のテスト、特定の学校を目標にしたテストなど、さまざまありますので、「中学受験 模試 地域名」などで検索してみるとよいと思います。

多くの塾や出版社が、一般でも受験できる機会を作ってくれていますので、ぜひ活用してみてください。

合格可能性の判定や、中学校ごとの目安の偏差値表などが出ると思うので、それで実力を把握できます。

中学校の学校説明会、入試相談会などにも模試の結果をもっていくと、入試についてのアドバイスが受けられることがあります。

お子さんの目標とする中学校の入試問題に近い傾向の模試を受けるのが一番大事でしょう。

中学入試を行う中学校そのものが、模試を行うこともあるので、目標とする学校は受けに行くとよいですね。

スポンサーリンク

中学校入試大学附属中高一貫公立私立を目指すなら

中学校入試大学附属中高一貫公立私立を目指すならということですが、おすすめはすららで小6までの学習範囲を早めに先取り学習してしまい、入試問題、過去問をしっかりやり込む時間を確保することです。

難関の中学校にどうしても合格したいという場合は、小6の最後の1年間もしくは半年だけ、実績のある塾や家庭教師を利用するという方法もあるでしょう。

通信教材だとz会などが難関校向きといわれますので、すららと併用するのもおすすめです。

志望校が過去問をみて、自宅学習のみでクリアできそうだという場合は、すららでの小6までの範囲の基礎学力定着のあと、志望校だけでなくいろいろな入試問題にトライしてみるとよいですね。模試をペースメーカーにしながら、塾なしの合格ももちろん可能性は十分あると思います。

なお、すらら公式サイトの中のコラムなのですが、以下のコラムが参考になると思いますので、よければご覧になってみてください。
すららを利用しない場合にも参考になると思います。

小学校高学年> 中学受験対策

小学校低学年> 中学受験対策

なお、すららは公式サイトから無料体験できるので、お試しになってみてください。

まとめ

中学受験を塾なし家庭学習で合格する勉強法ということですが、まずは基礎学力固めが重要だと思います。

できるだけ早く、小学校6年生までの学習内容は先取り学習し、小6の後半では、入試問題や過去問の演習時間をしっかりとれるようにできるといいですね。

おすすめなのは、最近注目されているデジタル教材のすららです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする