中学生塾いつから高校受験に必要か塾のおすすめ活用法講習模試説明会

中学に入ってすぐに塾や通信教育を考える保護者の方は、まだそんなに多くはないのかなと思います。

わたしの見聞きする範囲では、中1入学後から最初の中間、期末の定期テストが終わるまでは、様子をみるといって、すぐには塾や通信教育を考えないご家庭が多いようです。

学力の低いタイプの場合、中3になってからだとかなり塾さがしが大変だという話もきいたことがあります。

中学生の塾はいつから行くのが無駄がなくなおかつ高校受験にも十分間に合うのでしょうか。

スポンサーリンク
  

中学生塾いつから行くのがおすすめ1年2年3年

たとえば、我が家の場合ですが、うちの子の学区の公立高校は、内申点が中1の最初の定期テストの結果から含まれます。

なので、うちの学区の場合だと、高校受験のことを考えると、様子を見ていてもいい定期テストというのは、ひとつもないと厳しく言えば、いうことができます。

ですから、公立トップ高校をめざす、学力の高いお子さん、意識の高い保護者の方は、中学入学前、小学生のうちから月謝の高い大手進学塾に通わせている人も少なくないのです。

内申点が中3の1年間だけ、という地域もあるので、そこは余裕があるかもしれませんが、中3になって突然できるようになるお子さんは少ないため、やはり、中1からこつこつと、よい点を取りためておく必要があるのは同じだと思います。

中学生塾いつから行くのがおすすめかは、お子さんのタイプによっても違うと思います。

お子さんがたとえば、自宅学習教材すららなどで、中学2年までに、中学3年間の勉強を終えてしまっている場合などは、中2までは自宅学習で、中3の1年間のみ、入試問題演習のためにレベルの高い学習塾を利用する、などもよいかとおもいます。

すららの公式サイトはこちらです。

すららについてはこちらで詳しく書いています。

独自問題を出す難易度の高い公立高校入試などではなく、一般的な共通の公立高校受験の場合なら、すららなどで自分で勉強できる場合は、塾なしでも問題ないことも多いのではないでしょうか。

なお、通塾の悩みについてはこちらでも詳しく書いています。

塾いつから高校受験に必要なのかタイプ別

塾いつから高校受験に必要なのかタイプ別に考えてみました。

・学力が高く、すららなどで中2までに中学3年間の学習を終えてしまって、よりレベルの高い難関校校対策をしたい場合は、中3の初めか、夏休みごろから大手塾を利用。
・学力が中間から中の上程度で中堅どころの公立高校(一般的な共通問題の入試)をめざすなら、すららなどの自宅学習教材で高校受験まで対応も可能。
・学力が中間から下のほうで、自分で勉強の管理ができない、そばに大人がついている必要がある場合は、学年に限らず塾や家庭教師を考えたほうがよいことが多い(ただし、この場合も、すららを使っている塾だと、つまづいたところから学習しなおせるので、おすすめです)。

ただ、高校受験は地域によっても違いますので、すららなどの通信教育だけでは情報として不十分な面もあります。

そこで、塾や模試の上手な活用法を以下でご紹介します。

スポンサーリンク

中学生塾おすすめ活用方法講習模試説明会

すららはサービスもよくよくできているので、それだけでも一般的な公立高校入試には対応してくれていますが、地域独自の情報などは、保護者が動いて積極的に探したほうがよいと思います。

すららを使いながら、塾もうまく活用する方法があります。

高校入試説明会(塾独自のデータで、地域の高校入試の傾向を分析し、紹介してくれる一般参加OK無料のイベントを行う塾もあります。近所の大手塾のホームページなど要チェックです)。
合同高校進学説明会(塾、新聞社、模試の出版社が主催で、複数の高校の進学フェアを開催する場合、多くは一般参加OK無料なので、これもネット上で探してみてください)

模試、模擬試験(塾予備校や、模試の出版社で、中1、中2、中3向けの模試を一般参加OK有料で参加できるものがあります。地域名+模試で検索してみてください)。

夏期講習、特別講習、特訓授業(普段の授業は受講しなくても、期間限定の講習や特訓授業だけを塾で受けてみるということもできます。刺激になってよさそうです)。

また、このほかにも、塾で入塾テスト受け、カリキュラムの説明やテキストを見せてもらったりなどすることで、お子さんの学力チェックや、今後の勉強方法、テキスト選びの参考にすることができます。

特に、塾なしの場合、地域で定着している模試は中3の1年間は積極的に受けることで、実力チェックをし、試験慣れしておくことは強くおすすめします。

また、難関高校を目指す場合は、駿台模試などの難関高校向けの模試も合わせて受けておくとよいでしょう。

模試についてはこちらの記事でも書いています。

なお、高校探しについてはこちらでも詳しくかいています。

まとめ

中学生塾いつから行くのがおすすめかは、お子さんのタイプによっても違います。

一般的な共通の公立高校受験の場合なら、すららなどで自分で勉強できる場合は、塾なしでも問題ないことも多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする