中学受験低学年子ども小学生の準備勉強先取り教育家庭学習親子で合格

小学校1年2年3年までの公立小低学年のお子様がいらっしゃる保護者の方で、中学受験を迷っているであるとか、ご検討中の方も多いと思います。

お友達の中にも、中学受験を意識されてか、低学年から熱心に、塾や学習教室に通わせているご家庭のお話しを見聞きされるのではないでしょうか。

ただ、小学生低学年向けの塾や学習教室が近くになかったり、費用的に予算が合わないような場合、特にまだ受験が決定していないうちはなかなかすぐに通わせるのに迷う場合も多いと思います。

自宅学習教材でよいものがあれば、本格的に塾に通わせる前に基礎学力をつけておくことができますよね。

スポンサーリンク
  

中学受験低学年子ども小学生の準備は公文か入塾か

中学受験低学年子ども小学生の準備ということで、小学校入学前の幼稚園保育園のころから、もしくは、入学してすぐの小学校低学年のころから、公文や学研などの学習教室や、中学受験向けの学習塾などにお子さんを行かせるご家庭もありますね。

中学受験をすると早くから決めているご家庭では、例えば、小学校低学年の間は公文、小学校3-4年生から本格的な中学受験集団塾、というのは、よく耳にする通塾パターンです。

ただ、公文などの学習教室、案外お高いですよね。いくつか教科を増やすと案外な金額になります。

スポーツやほかの習い事をされている場合も多いでしょうし、私立の中高一貫校をご予定されている場合は、すこしでも学費を積み立てておきたいご家庭がおおいと思うので、あまり低学年のうちは習い事や塾にお金をかけるのはためらうこともあるでしょう。

お子さんの性格や学力、もしくはご家庭の経済状況などから、中学受験をさせたいが実際させるかどうか迷う、高学年になったら決定したいというご家庭も多いと思います。

その場合も、実際中学受験するとなったら、かなりの基礎学力が必要ですから、受験する可能性があるのであれば、低学年の間の学力づくりをどうするかは考える必要があります。

市販教材で、ママ塾をがんばるというのもよい方法ですし、定番の通信教材、タブレット学習を利用するというのもひとつのテですね。

最近はタブレットやパソコンを使って双方向で勉強できるよいインターネット学習教材もできてきました。

中学受験低学年勉強先取り教育先生はママ保護者か

中学受験低学年勉強ということで、学習内容が易しい低学年の間に先取り教育をしておいて、高学年で少しでも勉強が楽になるようにしてあげたいという保護者の方も多いと思います。

そのための先生はママ保護者か塾の先生かで迷うこともあると思いますが、両方の良さをとりいれたインターネット塾があります。

わたしのおすすめは最近注目を集めているすららという自宅学習教材なのですが、無学年制で、小学校中学校高校までの内容を、先取り学習、もしくはさかのぼり学習を、お子さんの学力に合わせてすることができます。

プロの塾講師のアドバイスも料金に含まれており、計画づくりの相談や質問対応もしてくれるので、体系立てて学習することができます。

英国数3教科で、入会金1万、月8000円の利用料で、塾や学習教室に比べるとリーズナブルなのではないでしょうか。

すららで勉強することで、本格的な受験塾に行かせるまでの基礎学力を余裕を持ってつくることができますし、塾に行きはじめてからも、すららを併用することで、常に基礎的な学習を大事にしながら、より難しい問題にも対応できる力を維持できると思います。

こちらは、すらら公式サイトのなかのコラムなのですが、すららを利用しない場合にも参考になるので、ぜひご覧になってみてください。

中学受験を考えている保護者様へ

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

スポンサーリンク

中学受験低学年家庭学習親子で合格をめざすには

中学受験低学年家庭学習親子で合格をめざすにはということですが、やはり、保護者の方がお子さんの勉強に目を配り、低学年の内容から学習のヌケモレがないように身に付けさせていくことが大事だと思います。

大人から見ると小学校低学年の学習内容は易しいので、先取り学習に目が行きがちですが、まずは数唱がきちんとできる、10までの足し算引き算ができる、あいうえお、あかさたながきちんといえる、書けるなど、その学年で習ったことを確実に身に付けさせていくということが最も重要になります。

ひとよりも早く掛け算の九九がいえるようになることよりも、その学年で習ったことがきちんと頭に入っている家のほうを丁寧にみてあげることのほうが、結果的にあとあと学習面で楽になります。親が焦らず、学び残しを作らないように気を付けてあげて育ててあげるとよいと思います。

さきほどご紹介したすららは先取り学習でとても便利でもあると同時に、学力診断テストで、お子さんの学習のヌケモレつまづきをチェックし、間違えた問題に対し、各生徒が苦手なポイントを分析して重点的に復習させる革新的なシステムで特許を取得しています。

英国数という最も積み重ねが必要な教科で、こうやって丁寧な家庭学習ができるというのはとてもすばらしい教材だと思っています。

すららは多くの塾や学校で採用実績のある信頼性の高い教材です。

すららは公式サイトから無料体験できますのでぜひお試しになってみてください。

まとめ

実際中学受験するとなったら、かなりの基礎学力が必要ですから、受験する可能性があるのであれば、低学年の間の学力づくりをどうするかは考える必要があります。

すららで勉強することで、本格的な受験塾に行かせるまでの基礎学力を余裕を持ってつくることができますし、塾に行きはじめてからも、すららを併用することで、常に基礎的な学習を大事にしながら、より難しい問題にも対応できる力を維持できると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする