中学生テスト提出物勉強何をしたらいいかわからない仕方自宅学習方法

中1娘の通う公立中学のクラスのお子さんはみなまじめで、休み時間は、テスト範囲に合わせて出される課題、宿題の提出物をせっせとやっているお子さんが多いそうです。

なので、提出物の提出率は割とよいそうなんですね。

ところが、テストの出来具合、点数から見ると、全体としてはあまりできがよくないと担任の先生が嘆いておられました。

周囲のお母様方にきくと、「子どもは宿題は学校の休み時間にせっせとやっているようだが、家では勉強しない」という方が結構多いのです。

テスト前に遊びに行ったりはしないけど、家にいてもどう手を付けていいかわからないようだというのです。

スポンサーリンク
  

中学生テスト提出物やるのでせいいっぱい

中学生テスト提出物やるのでせいいっぱいで、家ではゆっくり遊んですごしたい、というお子さんがまだ中1だとまだ多いようです。

そのままの気分を中2中3までひきずってしまうお子さんも少なくないですから要注意ですね。

提出物を仕上げるのはもちろん最低限必要なことで、それを早めに終わらせてからのテスト勉強が大事です。

教科書やワーク、ノートやプリントを繰り返し読んだり、紙に書いたり、問題を何度も解いたりして頭に入れなくてはいけません。

この繰り返しを自分でやるのが難しいお子さんが多いのですね。

なので、親御さんがつきっきりで一緒に勉強してあげると成績が良くなったりします。

でもいつもつきあってあげるのはたいへんですよね。

定期テスト対策をしっかりする塾ではこのあたりをていねいにやってくれることもあるようです。

ただ、実は、このテスト勉強と同時にしなくてはいけない大事なことがあります。

テスト対策についてはこちらでも詳しく書いています。

また、勉強が手に着かないお子さんの場合スマホの問題を抱えている場合が多いようです。
こちらに参考記事を書いています。

また、テストや提出物と通知表の成績内申との関係についてはこちらでまとめています。

テスト勉強何をしたらいいかわからない

テスト勉強のスタンダードなやり方は、さきほど書いた通り、宿題をきちんとやったあと、テキストワーク類をしっかり見直すことで、基礎学力がしっかりついているお子さんはこれだけで点が取れるはずです。

ただ、前の学年や小学校時代の学習内容に積み残し、学び残し、ヌケモレがあるような場合には、とくに国数英は積み上げ型の学習なので、理解できないまま覚えられずにテストの日を迎えてしまうことも多いのではないかと思います。

なので、目前のテスト対策をすると同時に、自分の基礎学力をしっかりと知って、ヌケモレを埋めていく作業が必要なのです。

でもお子さんひとりでそういうことをするのは難しいですよね。

そこで、最近わたしが注目している自宅学習教材はすららというデジタル教材なのですが、学力診断テストで、お子さんの弱い部分を探し出し、お子さんのためだけの学習メニューを割り出してくれるというシステムになっていて、とても画期的です。

教科書と範囲を指定すると英数の定期テストの予想問題も手に入れることができます。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

スポンサーリンク

テスト勉強の仕方効果的効率的な自宅学習方法

テスト勉強の仕方効果的効率的な自宅学習方法ということですが、授業が理解できてさえいれば、テキストワーク類を見直し、解きなおすことで、テスト対策は十分できると思います。

授業理解に難がある場合、基礎学力、いままでの学習内容でなにかしら定着していない部分ヌケモレがある場合が多いので、その場合は、自分の弱い部分をしってしっかり補強する学習が必要です。

目前のテスト対策をしながら、並行して、基礎学力を高めていく作業として、おすすめなのはさきほどご紹介したすららというデジタル教材を使う方法です。

すららは多くの塾や学校で採用実績のある信頼性の高い教材になっています。

入会金1万、月8000円で利用でき、塾よりもリーズナブルです。

すららは公式サイトから無料体験できます。

まとめ

テスト勉強のスタンダードなやり方は、さきほど書いた通り、宿題をきちんとやったあと、テキストワーク類をしっかり見直すことで、基礎学力がしっかりついているお子さんはこれだけで点が取れるはずです。

目前のテスト対策をしながら、並行して、基礎学力を高めていく作業として、おすすめなのはさきほどご紹介したすららというデジタル教材を使う方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする