中3反抗期勉強しない高校に行けない成績学力up通信制高校どうなの

中3で受験生の大事な時期に反抗期で勉強もしないとなると、お悩みの保護者の方も多いと思います。

最近どうこうというよりも、そういうお子さんとして、悩み迷いながら育ててこられたんでしょうね。

お子さんも愛情の受け止め方が不器用なタイプで、せっかくの親の思いを無駄にしがちなのかもしれませんね。

しかし、お子さんのやる気を待っていては高校受験に間に合いません。

親のできることは何でしょうか。

スポンサーリンク
  

中3反抗期勉強しない行ける高校がない

あまりに成績が悪いのが続くと、行ける高校がないと中学の先生に厳しく言われたり、模試の偏差値表にてらして基準に届いていないのですぐあきらめてしまったりなどしがちですが、時間がないようでも、まだ時間はありますので、すこしでも望みのある高校は、親御さんがすぐ見学や個別相談を申し込んで、高校にどんどん直接聞いていくのがいいと思います。

ちょっと親御さんががんばって、高校選びを子供任せにしないほうが良いと思います。

高校説明会、学校説明会、見学会、合同相談会などありますが、もう終わっているなら、高校に個別に電話でアポをとっても大丈夫です。

たいていの高校、特に私立は、ていねいに高校見学を受け入れ、相談にも応じてくれると思います。

3年生になってからのお子さんの通知表や模試の結果も持参するといいですね。

そうやって、合格の可能性や入試対策のアドバイスなどもらうといいと思います。親が熱心に高校に興味をもっていることが伝わることもプラスになる場合もあると思います。

勉強が苦手なだけで、学校にはきちんと行き、まじめに生活しているお子さんならいける高校は見つかると思います。

普通科にこだわらず、工業科、商業科、農業科など専門学科の学校も含めて調べてみると、案外お子さんに合うところを見つけやすいかもしれません。

わたしの知人の息子さんでサラリーマン家庭のお子さんでしたが、勉強が苦手で公立の農業高校に行き、うまくいったという方もいらっしゃいます。

生活態度も乱れてしまっているような場合は、中学校にも相談して、生活全体をみてくれる面倒見のいい高校や、素行にかかわらずこどもを受け入れてくれる高校を探すのがいいですね。

高校受験、高校探しについてはこちらでも詳しく書いています。

高校に行けない成績短期間で学力を上げる

高校に行けない成績短期間で学力を上げる方法は、なかなか難しいのですが、中3の時点で勉強が遅れているお子さんは、たいてい英国数の3教科でつまづき、国語力が低いので、理科社会や副教科なども点が取れないということにつながっていることが多いかなと思います。

志望校を決めたら、受験科目を確認してそこを集中して頑張るのがいいですね。基礎的な問題を落とさないという方針でよいと思います。

もちろん、内申もすこしでもよくしたいので、学校の定期テスト対策もできるだけがんばってもらいます。

塾や家庭教師もいいですが、嫌がるお子さんもいるでしょうし、お子さんに合うものを探すのも大変だと思います。

わたしのおすすめはすららという自宅学習教材で、英国数の3教科なのですが、タブレットやパソコンで勉強するデジタル教材です。

無学年制で、お子さんの学力診断により、できるところから勉強をスタートして、無理無駄のないカリキュラムで勉強できるのです。

回り道のようですが、結局は成績アップに早くつながる方法だと思います。

定期テスト対策もできますし、高校入試まで対応しています。プロの塾講師のアドバイスも料金に含んでいて、入会金1万、月8000円で利用できるのです。

小、中、高と利用できる教材なので、高校生になっても続けると、普段の授業についていきやすくなるとおもいます。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すららは公式サイトから無料でお試しできます。

スポンサーリンク

通信制高校どうなの成績悪くても行ける高校

成績悪くても行ける高校ということで、通信制高校はどうなのだろうと考えることがあると思います。

できれば全日制の高校に行く方が高卒の資格をとりやすいと思いますが、面倒見の良いサポート校などを利用することで、通信制高校も勉強しやすくなると思います。

通信制高校は推薦で行ける大学専門学校も多くある学校もあるので、まじめにがんばると案外大学進学しやすいです。

通信制高校は上手に利用すると、普通に全日制の高校に行くよりもレベルの高い大学に行ける可能性もあるのです。

いまはいろんなタイプの通信制高校があるので、内申や現在の学力にかかわらず受け入れてくれる高校もあるでしょうし、お子さんに合うタイプの通信制高校も探してみるとよいと思います。

まとめ

ちょっと親御さんががんばって、高校選びを子供任せにしないほうが良いと思います。
中3の時点で勉強が遅れているお子さんは、たいてい英国数の3教科でつまづき、国語力が低いので、理科社会や副教科なども点が取れないということにつながっていることが多いかなと思います。
わたしのおすすめはすららという自宅学習教材で、英国数の3教科なのですが、タブレットやパソコンで勉強するデジタル教材です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする