片付けられない中学生どうしたらいいコツはプリント物をなくす対策

片付けられない中学生のお子さんに悩んでいらっしゃる保護者の方は少なくないと思います。

ほんとうに散らかり放題の子ども部屋は足を踏み入れるのも恐ろしい状態で頭が痛いですよね。

そして、片づけられない子どもさんの親御さんも実は片付けが苦手で悩んでいるケースがあります。

実は、わたしが、ADHDとアスペルガーという発達障害当事者でとても片付けが苦手です。

わたしの工夫をご紹介します。

  

スポンサーリンク

片付けられない中学生子どもは障害adhdか

まず、片付けられない中学生子どもは障害adhdかアスペルガーかなどでお悩みの方もいるかもしれません。

これは、医師の診断を受けないと事実はわかりませんが、こういう発達障害というのはきっぱり普通の人と当事者に分けるのも難しかったりして、「傾向がある」レベルの人ならごく普通にたくさん存在していらっしゃいますから、おおむね困り感がなければ診断を受ける必要もないでしょうし、いろいろ本人も家族も困っているなら、一度発達障害の診断を受けて投薬治療や療育を試してみてもいいのかもしれません。

どちらにしても、お子さんが片付けが苦手なことは事実として受け止め、では、どうしたらすこしでもましになるか、お子さんや家族が困らなくなるかを考えてみるといいと思います。

まず、おすすめはお子さんをよく観察することです。

わたしやわたしの娘の場合は、元の場所にものを返すというのも苦手ですし、物の位置を決めるのも苦手です。めんどうくさいんです。お恥ずかしいのですが...。

空間認識みたいなのが弱いのかもしれません。不精なのもあります。本箱に本やノートを戻すことなんてもう面倒でできないので、床に散らかり放題になってしまいます。

なので、取り出しやすく、しまいやすいのが鉄則になります。

なお、発達障害の悩み、可能性についてはこちらの記事でも詳しく書いています。

片付けられないどうしたらいい片づけるコツ

最近娘に試してうまくいっているのは、冒頭の写真のランドリーかごを使う方法です。

3-400円でホームセンターやニトリのようなところで買えます。娘のためにこれを5つ買ってきました。

そして、床にあるものをどんどんほり込んでいくのですが、「よく使う本ノートプリント」2つ「あまり使わない本ノートプリント」1つ「模試」1つ「そのほか」1つということにおおざっぱに決めて、どんどん入れていきました。

ごみやあきらかにいらないものは捨てていくとものも減り、とりあえず床に散らばったものはなくなりました(我が家は洋服は脱衣室に一元管理しているので、洋服の散らかりはありません)。

かごを使いやすく並べて終わり、です。一応教科書用に用意していた本箱(カラーボックス)は、辞書とノートパソコンと、大事なものの一時置き場、ということになり、教科書もノートもかごのなかにほりこんであって、必要なたびにごそごそ探し出して使うということになりました。

1週間ほどたちますが、以前のように散らかりませんので、娘には合っているようです。

お恥ずかしいですが、これが我が家の解決方法です。

スポンサーリンク

片付けられないプリント物をなくす対策

保護者向けの学校のおたよりプリントを無くされるのは困りますよね。

これは、うちの場合は毎日帰宅時に「お手紙ないか?」と声をかけることで一応すぐに出させて解決しています。

わたしも雑ですぐになくしてしまうので、写真のような紙バックをファイル代わりにしてどんどんほおりこんでいきます。

一応左側に一番新しいプリントを入れるようにして、おおむね時系列に並んでいるように心がけています。

前のプリントを見返すことがあったら、みおわったあとまた一番左にいれています。見返すプリントはまた見る可能性があるからです。

プリントお手紙を持って帰らない、学校にためてしまうというお子さんもよくいますよね。

参観や懇談会のあとで子供の机をチェックして、いろいろひっぱりだしてため息をつくお母さん、少なくありません。

これは学校でもらったお手紙をいれるかばんのなかの場所を決めたり、ファイルやフォルダにいれるようにしたり、お子さんに合うやり方をあきらめないでいっしょに探してあげて、なんとか直すように一緒に努力してあげる必要があると思います。

学校のものだけでもほんとうに多くて困りますが、塾に行きだすと、まあ、ものすごい量のテキストとプリントコピー類が家に押し寄せてきます。

長女は中学3年間5教科の集団塾に行かせましたが、ものすごい量の教材で、片づける気が起きないほどでした。

せっかくの教材やプリントもどこにいったのかわからないなら使いこなしようがないですよね。

片づけられないお子さんには、タブレット学習のように、紙の教材が少ない、もしくはない、紙やノートも最小限で使ったら使い捨てていくのようなスタイルのもののほうが、合うかもしれないと考えます。

わたしは最近知ったすららという自宅学習教材が片づけられないタイプのお子さんにはおすすめなんですが、パソコンやタブレットで勉強でき、大量の教材の片づけに頭を悩ます必要がありません。

もちろん、紙やノートに書く、解く、作業も組み合わせて勉強するのですが、あきらかにあとでやり直すとわかっているもの以外は、処分していってもいいと思います。

すららは英数国3教科で、多くの塾や学校で採用されている信頼性の高い教材です。

入会金1万、月料金8000円で利用でき塾よりもリーズナブルです。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すららは公式サイトから無料で簡単にお試しできます。いままで塾や通信教材を試してみたけどだめだったというお子さんにこそお試しいただきたい教材です。

まとめ

ランドリーかごをいくつか用意して、おおざっぱにわけてどんどんものをほおりこんでいくことで、一応片付き、案外子供も使い勝手が良かったりするので、お試しください。

片付けが苦手なお子さんには片づけきれない大量の教材がある塾よりも、すららのようなタブレット学習のほうが使い勝手が良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする