通信教育中学生毎月教材やると定期テスト対策できない添削教材たまる

よく耳にする有名企業の通信教育は中程度以上の学力のお子さん向けのイメージがあります。内容も難しく、量も多いので、毎月の教材をやるのでせいいっぱいになり、定期テスト対策がおろそかになるケースもきいたことがあります。

毎月送られてくる教材を充分活用できないまま、貯まっていくのを見るのは親にとっても子どもにとってもストレスになりそうですよね。

自分の好きなように使っていいのが通信教材のよさなので、ここは割り切って、自分に必要な部分だけ使うということで、せっかくなので活用していただきたいと思います。

まずは一番大事な定期テスト対策をしっかりやるのがいいですね。

スポンサーリンク
  

通信教育中学毎月教材やると定期テスト対策が

通信教育中学講座についてですが、こういったレベルの高い通信教育については、毎月の添削課題やメインの教材をやると定期テスト対策をする時間が間に合わなくなって成績が下がったなどの例を聞いたことがあります。

先ほども書きましたが、自分の好きなように使っていいのが通信教育のよさなので、必要な部分だけ使いこなせばよいと割り切ることも必要だと思います。

自分が使いこなせなかった、添削に提出できなかったなどの教材がたまっていくのを見るのがストレスになるかもしれませんが、うまく時間をつかってまとめてやるとか、これも工夫していくことと、自分にどうしても合わない部分は使いこなせなくても気にしないというのも大事だと思います。

いろんな人に合わせるために充実した内容の教材セットになっているわけなので、そのなかで自分に合うものがあって、料金に見合う値打ちがあると感じるなら続ける価値のある通信教育なのだと思います。

使いこなせなかった教材にストレスを感じる必要はありません。

有名企業の通信教材は素晴らしい教材の中で特に定期テスト対策のテキストがすばらしく、それを目当てに会員になる方もいるときいています。

通信教育添削たまる定期テスト予想問題集いつやる

通信教育の添削たまることもあるかもしれませんが、学校の定期テストのスケジュールを優先で、予定を立ててやっていくのがいいと思います。

定期テスト対策のテキストはとても人気がある教材ですね。学校の授業と並行して課題の学校のワークを終えたあと、テスト前1週間を活用してしっかりテスト勉強をするのがいいと思います。

高得点を期待できます。

ただ、紙の教材を使いこなせなくて貯めてしまうのがストレスになるなら、紙のテキストがないタブレット学習、パソコン学習の教材を選んでもよいですね。

自分のレベルに合わないと感じるときは、違う自宅学習教材を試してみるのもいいと思います。

勉強の遅れたタイプのお子さんや逆に得意教科を先取り学習したいタイプのお子さんなら、英国数3教科のすららというデジタル教材がおすすめです。

すべてインターネット上のやりとりなので紙教材が貯まることがないですし、お子さんにちょうどよい量と内容のカリキュラムを一緒に考えてくれるシステムです。

スポンサーリンク

通信教育教材たまる定期テスト予想問題集は

通信教育は教材たまる場合もあるときいていますが、先ほども書きましたように、自分に合う教材を使いこなして、使い切れない部分は割り切るというのも上手な使い方で、長く続けるコツでもあると思います。

通信教育の教材の中で定期テスト対策のテキストはとても充実していて人気がありますね。添削課題を間に合わせるよりも、学校のスケジュールに合わせて、定期テストの点をしっかりとることがまずは大事だと思いますし、ためてしまった教材があるのならば、テストの終わった後や長期休みなどをうまく利用して、添削課題なども取り組むのが良いと思います。

さきほどご紹介したすららという自宅学習教材は、無学年制で、入会時期にかかわらずさかのぼって学習したり、先取り学習したりもできるので、お子さんに合ったオリジナル教材ということもできます。

定期テスト対策ももちろんもりこんで、教科書と範囲に合わせた予想問題の模試も個別に作ることができます。

自分の学習計画をむりなくむだなく立てられますし、難しすぎず優しすぎないというレベルの調整もしてくれます。

ちょうどやりがいのある問題にであって力を付けていけるイメージです。

片付けが苦手なお子さんにとっては教材が目に見えて貯まらないというのもメリットかもしれませんね。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すららは公式サイトから気軽に無料体験できるので、お時間のあるときにぜひお試しください。

まとめ

自分が使いこなせなかった、添削に提出できなかったなどの教材がたまっていくのを見るのがストレスになるかもしれませんが、うまく時間をつかってまとめてやるとか、これも工夫していくことと、自分にどうしても合わない部分は使いこなせなくても気にしないというのも大事だと思います。

紙のテキストがないタブレット学習、パソコン学習の教材を選んでもよいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする