内申納得いかない理不尽不公平おかしい不満があるときは観点チェック

中学生が高校受験にあたって、当日の試験と同様に大事になってくるのが内申、通知表の成績ということになります。

内申書、調査書などの呼称で呼ばれる成績表が願書と一緒に高校に出され、入試当日の試験の点数と併せて判断されることが、公立も私立も多いです。

内申と試験当日の成績の配分は都道府県や学校によっても違い、内申はほとんど関係ない学校もあれば、内申を非常に重視する学校もあります。

内申の出来不出来で、進路相談、三者面談などの中で、志望校を決定する重要な材料にもなりますので、親御さんもお子さんもとても気になりますよね。

ところが、この内申の点の付け方に不満を感じている人は少なくないのです。くそったれ、という声も聞こえてきます。

スポンサーリンク
  

内申納得いかない不公平おかしい学校間格差

内申納得いかない不公平おかしいということですが、テストの点はいいし提出物もちゃんと出しているのに通信簿では3というのは納得いかないとか、同じ点数を取っている子が5をもらっているのに、自分の子は3をもらっているのが納得いかないとか、お子さん同士で点の教えあいっこをすることも多いので、なにかと保護者の耳にも入ってきて、不公平さを感じることがあるようです。

逆に、テストの点の割には内申がよすぎて不思議に思っているという保護者の方もいます。

親も気づかない授業態度の良しあしや提出物の内容の充実ぶり、丁寧さ、実技テスト作品作りなど授業をよくきいて仕上げているかなどのところで、なにか点数が上がるもしくは下がるポイントがあるものなので、成績に納得いかない方は、ぜひ、その教科の先生にその点数を付けた理由と今後点数を上げる方法をききにいくといいと思います。

お子さんにまかせて不安な方は、ぜひ親御さんが学校にいって先生とお話ししてください。

わたしも子供のころ母親が中学の体育の先生に相談しにいって、2だった体育が3に上がった経験があります。2がひとつでもついていると公立高校の受験資格がないという制度のときだったので切実でした。ちなみに、体育以外はわたしはすべて5だったので、おかげで進学校にすすむことができました。

内申のために、わざと学力の低いと思われる中学校区に住んで内申対策をするようなこともきいたことがありますが、学力の高い校区にいって刺激を受ける良い面もありますので、内申だけで中学校を選ぶのはもったいないかなと思います。

教科間格差、先生間格差、学校間格差を内申で感じることもあると思いますが、どうしても人間が採点することなのでやむを得ない面もあると思います。

ある塾の先生にもきいたことがありますが、ぶっちゃけ、先生も好き嫌いがあるので、先生に好かれることで、内申によい影響があるというのは傾向としてあるようです。

真面目に授業に協力し努力して勉強する姿勢を見せることで、先生に好かれる努力もお子さんにはしてもらう必要があると思います。

なお関連記事はこちらです。

内申理不尽不満クレームいう前に観点をチェック

内申理不尽ということで不満クレームを学校にいう前に、通知表の観点をチェックしたほうがいいと思います。

観点を見ると、案外、お子さんがどこができていなくてこの内申点になっているのかというのがわかるものなのです。

そのうえで、クレームというよりは、この点数がついた理由と今後上げる方法を先生に教えていただきに行くという形で相談されるといいと思います。

通知表内申の評価評定についてはこちらの記事でまとめています。

スポンサーリンク

内申書に書ける検定やいつまでの成績か確認

内申書に書ける検定ということで、英検や数検そのほかの特技の検定の級や段をもっていたら、アピールできる場合は書いたほうがもちろんいいですが、うちの娘の中学の内申の場合、特別な推薦などをのぞいては、内申は純粋に通知表の点数だけで書かれていました。

高校独自に推薦書が合って、そこにアピールできる欄などに特技や検定を書くのはもちろん大事だと思うので、自分の志望する高校が何を求めているかは個別に調べておく、相談会などで質問して確認しておくといいと思います。

また、重要なのは、高校に出される内申書がいつからいつまでの成績か確認しておくことです。

中1から中3の2学期までの内容が内申として提出されることもあれば、中3の1年間だけの内申点を出すという地域もありますので、これも中学に入ったらすぐに確認しておきたいことだと思います。

なお、教育の2020年問題ということで最近話題の大学入試の変化も中学高校の教育に影響が出始めていますね。

内申も含めてこれからどんなことが重視されて見られていくのかという観点の参考になりますので、よければこちらのコラムを参考にして下さい。

すららという通信教材の公式サイトの中のコラムなのですが、重要なことが書かれています。

2020年、日本の教育が大きく変わる!

なお、すららは3教科英国数のデジタル教材で、勉強の苦手なお子さんも、勉強のヌケモレを効率よく復習できる画期的な自宅学習教材です。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

まとめ

親も気づかない授業態度の良しあしや提出物の内容の充実ぶり、丁寧さ、実技テスト作品作りなど授業をよくきいて仕上げているかなどのところで、なにか点数が上がるもしくは下がるポイントがあるものなので、成績に納得いかない方は、ぜひ、その教科の先生にその点数を付けた理由と今後点数を上げる方法をききにいくといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする