中学生通信教育中高一貫校私立中定期試験成績気になる高校受験外部は

厳しい中学受験を経て、希望の中高一貫校へ行かれた方、残念だったけどご縁のあった私学でがんばっている方、いろいろいらっしゃると思います。

一般的に面倒見がよく塾もいらないと学校はいっていることの多い中高一貫校ですが、実態としては塾や通信教育を利用されているお子さんもかなり多いときいています。

ただ、中学生向けの塾は公立中から高校受験を目指すタイプの集団塾が多いので、独自の教科書、カリキュラムの中高一貫校のお子さんは個別塾でオリジナルのカリキュラムを組んでもらうことが多いと思います。

ただ、学校の内容と習うことが違ったりして、勉強の遅れた子はなかなか苦労することも多いときいています。

スポンサーリンク
  

中学生通信教育中高一貫校勉強しない通塾必要か

中学生に通信教育を考えることもあると思います。

中高一貫校で勉強しない子には通塾必要かということも頭に浮かぶ保護者の方も多いでしょう。

中高一貫校専門の塾というのも都会にはある程度あるのでそういう選択肢もいいかもしれませんが、そういった塾が近くにない場合や、個別塾の対応もいまいち学校と合わないなどの場合は困りますよね。

また、塾代の学費も頭が痛い問題と思います。

わたしのおすすめは、すららという国数英の通信教材なのですが、多くの塾や中高一貫校でも採用されている信頼性の高い教材です。

勉強しないタイプの子やなかだるみを起こしてしまっているようなタイプにも、飽きが来ない設計で向いています。

入会金1万月8000円と塾に比べるとリーズナブルで手持ちのパソコンやタブレットが使えます。

こちらはすららの公式サイトのなかのコラムなのですが、参考になると思いますのでぜひのぞいてみてください。

すららを利用しない場合にも参考になると思います。

気づいたら手遅れに!? ?中高一貫校の中だるみを防ぐ!?

私立中定期試験成績気になる中間テスト期末は

私立中定期試験成績気になる中間テスト期末はということですが、勉強内容も難しく、進度も早い中高一貫校ではついていくのも大変だと思います。

学習漏れがないように、毎日コツコツとやりあげていく習慣をつけるしかありません。

また、現時点で学び残しヌケモレがある場合は早めに手当てする必要があります。

すららだと、学力診断テストでお子さんの弱い部分を洗い出し、フォローするカリキュラムを作ってくれますので、どこを勉強すれば成績が上がるのかわかって、やる気も出やすいようになっています。

すららは公式サイトから無料体験が簡単にできるので、ぜひのぞいてみてください。

スポンサーリンク

中高一貫校からの高校受験外部受けるなら

中高一貫校からの高校受験ということですが、外部の高校を受けるなら早めに準備したほうがいいですね。

その中学を卒業して外部の高校に行ける場合はよいですが、学校によっては、外部の高校受験の前に別の中学校に転校をすすめてくるケースもあるようです。

中学校の先生に相談する時期も迷うでしょうが、中3になる前後の時期には一応学校に希望を伝えておくのが良いでしょう。

内申面では厳しいことが多いでしょうから、試験当日の点で高得点をねらう必要があることが多いと思います。

志望先の高校には説明会などで何度か足を運んで、高校の先生にも相談しアドバイスをもらうのもいいと思います。

普通よりも厳しい高校受験になりますので、親御さんもよく調べてフォローしてあげるのがいいですね。

まとめ

現時点で学び残しヌケモレがある場合は早めに手当てする必要があります。

すららだと、学力診断テストでお子さんの弱い部分を洗い出し、フォローするカリキュラムを作ってくれますので、どこを勉強すれば成績が上がるのかわかって、やる気も出やすいようになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする