中学生テスト30点5教科平均の場合の対策定期中間期末で合計300点取る

中学生になり、定期テストがはじまって、中間期末の結果はいかがでしたでしょうか。

基礎学力に不安があり、学校の授業についていけない、学習習慣が身についていないなどの場合は、5教科平均で100点満点でも30点以下などの場合も考えられます。

あわてて塾に行かせるよりも、まずは試してほしい最新の自宅学習教材があるので、おすすめしたいと思います。

スポンサーリンク
  

中学生テスト30点からの定期中間期末中1中2中3対策

中学生テスト30点からの定期中間期末中1中2中3対策ということですが、正直30点とれていないということは、かなり学習が遅れていると考えてよいでしょう。

何がわからないのかも自分でわかってないような不安な状態にお子さんもいて、その状況に慣れてしまっている恐れもあります。

わかる自信をつけて勉強楽しいとおもえるようにしてあげたいですよね。

こういったタイプのお子さんには、英国数について学年をさかのぼってでも基礎をしっかり学習することで、結果的に早く学習の遅れを取り戻せることも多いのです。

むやみやたらにそのへんの小学生向けの教材に手を出すのではなくて、お子さんの学力診断をきちんとして、おこさんに必要な学習カリキュラムをこなしていく体系的な学習が必要です。

英国数の3教科ともこういった細かいフォローをしてもらうのは個別塾や家庭教師でも難しいものです。

そこで、おすすめの教材があります。通信教材の良さと塾の良さを両方取り入れたような一種のインターネット塾なのですが、自宅学習教材のすららというものです。タブレットやパソコンで学習します。

多くの塾や学校でも採用されている実績のある教材なので安心です。

中1中2であれば、十分高校受験に間に合いますし、中3でも英国数の基礎問題を確実にとる力をつけたいなどの場合は遅くないと思います。

なお、勉強しない、できないお子さんについてはこちらでも記事を書いています。

テスト5教科平均30点の理由と対策を知って学習

テスト5教科平均30点の理由は、先ほども触れましたが、以前の学年のどこかでつまづきや学習のもれがあって、授業の理解がおいついていないことが理由になっていることが多いと思います。

なので、対策としては、つまづきポイント、弱点をあぶりだし、ピンポイントで効率よくそのヌケモレを埋めていくという学習が必要になります。

さきほどご紹介したすららはそういう勉強に非常に適していて、テストで自動的にお子さんの弱い部分を見つけ出し、学習内容を提示してくれるようになっています。

効率的に学力アップができるので、めんどうくさがり、勉強嫌いのお子さんも飽きずに続けることができます。

ゼロからでもわかるレクチャーとすぐに腕試しするドリルで学力を定着させていきます。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

なお、テスト対策についてはこちらでも詳しく書いています。

スポンサーリンク

テスト5教科で300点取るのも夢じゃないさらに上へ

すららで英国数の基礎をしっかり固めていると、国語力もしっかりしてきて授業にもついていけるようになるので、理科社会の授業理解が自然に深まります。

なので、まじめに授業を受け、課題のワークなどをしっかりやりこんでいれば、英国数の点数アップにつられて理社も成績も上がることが多いと思います。

平均30点からの出発なので、すこし時間がかかるかもしれませんが、継続し短時間でも毎日学習をつみかさねていけば、テスト5教科で平均60点以上、5教科で300点以上とるのも夢ではないですし、さらに上もめざすことが可能です。

行ける高校ではなく、行きたい高校に行けるように親御さんも協力してあげる必要があります。

せひ、お子さんにあう学習方法を一緒に探してあげてください。適当な候補がない場合はすららを検討に加えていただきたいと思います。

すららは入会金1万、月料金8000円で利用でき、塾よりもリーズナブルだと思います。

公式サイトはこちらです。簡単に短時間で無料体験もできるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

行ける高校ではなく、行きたい高校に行けるように親御さんも協力してあげる必要があります。

せひ、お子さんにあう学習方法を一緒に探してあげてください。適当な候補がない場合はすららを検討に加えていただきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする