テストでいい点を取る方法中学生定期テスト5教科以外9教科中間期末は

中学生がテストでいい点を取る方法を探している保護者の方も多いと思います。

5教科で450点平均90点以上で、できれば9教科でもそれぞれ90点以上とれるとよいですよね。

なかなか難しいようですが、実際毎回それだけの点数をとれているお子さんも存在するわけなので、ぜひ、平均80点台のお子さんは90点超えをめざしてほしいと思います。親御さんの協力も必要です。

5教科、9教科といいますが、まず、固めなくてはいけないのは英国数の3教科です。

3教科を抑えたうえで、理科、社会、音楽、保健体育、技術家庭、美術の対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
  

テストでいい点を取る方法中学生450点取るには

まず、5教科で90点以上とれるようになるためにはですが、一番大事なのは、英国数で、特に国語が大事だと思います。

国語力がしっかりしていないと、英語も数学も授業が十分理解できないからです。

漫然と勉強するのではなくて、国語が一番基本なんだとはっきり意識して勉強することが大事だと思います。

そして、コツコツと積み重ねの必要な英語と数学が同じように大事です。

英国数は対策に時間がかかると思ってください。

そして、いま、苦手感があるとしたら、なにかしらいままでの学習内容にとりこぼしがあると思われます。

それをそのままにしないで、さかのぼって苦手をきっちりつぶしていく作業、復習が必要になってきます。

こういった英国数の苦手探し、苦手つぶしに威力を発揮する自宅学習教材があります。

無学年制のデジタル教材ですららというものですが、学力診断テストで自動的に弱点をあぶり出し、必要なカリキュラムと教材を自動で提供してくれるものになっています。

英数については教科書と範囲を登録すると英数の定期テストの模擬テストを作ったりもできますし、英検数検対策にも対応しています。

多くの塾や学校で採用されている大変信頼性の高い教材でもあり、入会金1万月8000円と費用もリーズナブルなところが魅力です。

すららについては公式サイトから無料体験もできるので、ぜひのぞいてみてください。

そして、理科社会ですが、これは積み重ねというよりも、範囲が出たところできっちり読み込んでワークをやり込むことで、すぐに得点アップが期待できる教科です。

学校の教材をやりこんで、余力があれば教科書準拠の市販教材などで演習量を増やせばばっちりですね。

社会と理科は市販教材の実力メキメキ合格ノートシリーズも人気がありおすすめです。

定期テスト対策から高校入試まで対応しています。


実力メキメキ合格ノート 中学歴史 改訂版 (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学地理 改訂版 (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学公民 (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学理科[物質・エネルギー] (高校入試実力メキメキ)


実力メキメキ合格ノート 中学理科[生命・地球] (高校入試実力メキメキ)

テスト対策についてはこちらでも詳しく書いています。

中学生定期テスト5教科以外副教科対策は

中学生定期テスト5教科以外副教科対策に悩むケースも多いと思います。

音楽、保健体育、技術家庭、美術については、まずは授業をまじめにうけて、得意不得意に関わらず実技でできるだけ真剣にがんばっておく必要があります。

課題提出物ももちろんレベルの高い内容をめざし、期限を守ります。自宅でする課題なら、親に手伝ってもらってもいいのです。よいものをめざしましょう。

あとは、授業のプリントやノート、教科書をしっかりみて、繰り返し声に出して読むなどするとよいでしょう。

授業を注意して聞いていれば、「ここは大事」「ここはテストに出ます」といってくれることが多いと思うので、そこを重点的にやるのがいいでしょう。

勉強の仕方がよくわからない場合は、各教科の先生に質問したり、その教科が得意なお友達に勉強方法を教わったりなどして情報も集めるといいですね。

なお、副教科まで対応しているスマイルゼミなども人気がありますね。

参考記事はこちらです。

スポンサーリンク

中学生9教科中間期末テストでオール5目指すなら

中学生9教科中間期末テストでオール5目指すならということですが、各教科90点は最低ラインと思ってください。できれば、平均95点をめざすのが安全圏です。

テストの点はもちろん、授業態度、提出物の内容、実技作品の内容や完成度、なども大きく影響します。

苦手な科目も、家の人に手伝ってもらってでも作品を作り、実技を練習し、すこしでも完成度を上げるように努力しましょう。

テストの点は良いのに、通知表の成績、内申が悪くて不思議に思っているような場合は、授業態度や提出物の内容や提出の有無がかかわっている可能性が大きいです。

一方で、「頑張っている姿勢」を評価してくれる先生も多いので、やり方がわからないなどは積極的に質問してよい評価につながるコツをおしえてもらいましょう。がんばろうというその姿勢そのものもしっかり見られています。

通知表、内申の評価評定についてはこちらでまとめています。

まとめ

中学生9教科中間期末テストでオール5目指すならということですが、各教科90点は最低ラインと思ってください。できれば、平均95点をめざすのが安全圏です。

テストの点はもちろん、授業態度、提出物の内容、実技作品の内容や完成度、なども大きく影響します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする