中二2学期中間テスト模試は?英語数学国語期末テスト予想問題塾教材

中2の2学期、学習の上では中だるみも多い時期で、部活も忙しく、学習量も多く、大変な時期だと思います。

しかし、高校受験を見据えて、内申点もしっかりとっておかなくてはいけないので、中間期末の定期テストはとても大事になりますね。

塾なしで自宅学習をしている中学生のお子さんは、学校の教科書、ワークをしっかりやりこんで対策していると思いますが、これだけだと演習量が足りなかったり、理解不足のところをフォローする部分が不足したりしがちです。

自宅学習で、しっかり演習量をつみかさね、弱いところを自動的に見つけだしてフォローもしてくれる安価なデジタル教材がありますので、ぜひ知っていただきたいと思います。

成績がなかなか上がらない、もしくは学力が低い場合のお子さんには特におすすめです。

スポンサーリンク
  

中二2学期中間テスト模試で勉強することは可能?

中学2年生は、学校生活の中でも中堅学年として何かと期待され、部活や生徒会など重要な役割もあり、学校に元気に行くだけでも大変な学年といえると思います。

さらに、授業は範囲も広く深くなりますので、テスト対策もとても大変になりますよね。

成績が上がらない、下がるお子さんも増える学年です。

きちんとお子さんに合う学習方法を見つけて応援してあげたいですよね。

中二2学期中間テスト模試で勉強することは可能かということですが、定期テストの模擬テストってあまりききませんよね。

親切な進学塾、個別塾などだと、中間期末の過去問題や塾講師による予想問題などをさせてくれるところもあると思いますが、多くは試験範囲のワーク、問題集をしっかり繰り返すことをすすめていると思います。

テスト対策についてはこちらでも詳しく書いています。

でも、教科書と試験範囲に合った定期テストの模試があれば、テスト前に実力チェックができ、便利だと思いませんか。

これが簡単にできる教材があります。

すららという自宅学習教材で、タブレット学習、パソコン学習の一種です。

英数については、自分の学校の教科書を登録しておき、試験範囲も入力すると、自分だけの定期テスト模擬試験ができあがるようになっています。

とても便利ですよね。

お手持ちのタブレット、パソコンを利用し、インターネット環境があれば参加できるようになっています。

すららの教科は英数国の3教科ですので、まずは3教科に力を入れたいという方に向いています。

特にわたしの感覚では、国語力がしっかりしてくると各教科の授業の理解度も上がり、成績が上がりやすいと思っています。

中二英語二学期期末テスト予想問題を入手できる教材

中二英語数学も、二学期期末テスト予想問題を入手できる教材としては、先ほどご紹介したすららがおすすめです。

すららは、もちろんこれだけでなく、学力診断テストによって、学び残しのある部分を自動的に洗い出し、弱みをフォローする学習内容を提供してくれるシステムになっています。

授業、ドリル、テストの流れで、理解も定着もできますし、無学年制なので、さかのぼって学習したり、先取り学習したりもできます。

双方向性のアニメの授業であきない工夫がされ、レベルも自動的にお子さんに合うものになっています。

英検対策も料金に入っていますし、プロの塾講師のアドバイス、フォローもついています。

これで、入会金1万、月8000円はとてもお安いとわたしは思います。

無料体験もできるので、ぜひ一度お試しになってみてほしいと思います。わたしが無料体験をしたときの記事はこちらです。

スポンサーリンク

塾教材おすすめ自宅でも利用できるデジタル教材とは

塾教材おすすめ自宅でも利用できるデジタル教材とはということですが、実はさきほどご紹介したすららは多くの塾や中高一貫校などで、採用されている定評のある塾教材でもあります。

塾の教材って、普通、塾に行かないと使えませんが、すららは個人向けにもサービスを展開しているめずらしい例だと思います。

自宅に居ながら、塾講師のアドバイスもついて、毎日デジタル教材が使えるのならば、週に何回か行く塾よりも効果がありそうですよね。

わたしの周囲でよくうかがうのが、中学生が休み時間などに提出物をせっせとすませてしまって、家では遊んでばかりというパターンです。

すららは毎日ログインして学習習慣をつけるところからほめて伸ばしてくれますので、ほめられる、できるようになる、というよい形を作ることが期待できます。

タブレット教材よりも紙の教材のほうがテスト対策にはむいている実感があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、すららは、ノートやプリントをつかって、手で書く作業も学習の中に取り入れているので、デジタルと紙の両方の良さを使うことができます。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すらら公式サイトはこちらです。

まとめ

教科書と試験範囲に合った定期テストの模試があれば、テスト前に実力チェックができ、便利だと思いませんか。

これが簡単にできる教材があります。

すららという自宅学習教材で、タブレット学習、パソコン学習の一種です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする