通信教材英語幼児から小学生の子供はいつから自宅学習するとよいのか

親御さんが学生のころ英語で苦労したので、子供には早くから英語に触れさせて得意科目にしてあげたい、英会話で困らないようにしてあげたいというニーズは多いと思います。

英語教室、英会話教室もありますし、幼児子供向けの英語英会話教材、通信講座などもありますので、親子で楽しんで取り組むのはよいことだと思います。公文で英検がんばるというのもききますし、インターネットSkypeによる英会話レッスンなども増えてきましたね。

一方で、非常に高額すぎる教材を使いこなせないとか、週に1-2回のレッスンでは英語が身につかない、などの話もききます。

実際のところ、いつからどんなもので英語を勉強するのがむりなく、無駄もないのでしょうか。

スポンサーリンク
  

通信教材英語幼児向けいつからどんなものを始める

わたしは、中学生と高校生の子どもがいる母親ですが、わたしの周囲でも、乳幼児のころから、英語英会話教室や教材をがんばっている親子さんというのは見聞きしてきました。

大きくなってリスニングなどはたしかに得意になったという話はききます。

一方で、他の習い事が忙しくなったりで、途中でやめてしまうご家庭も多かったようです。

英語教室に何年も通わせて中3になっても英検3級取れなかったお子さんの例もきいているので、お子さんに合う学習方法を見つけてあげるのは大事だなと思いました。

英語について学校の勉強にある意味直結するのは英検の勉強だとわたしは思っているのですが、なので、小学校の間に英検をめざして公文などで学習していた子というのは実際資格もとれますし、中学高校でも得意な子は多いのかなと思います。

ただ、公文、ちょっとお高いですよね。よいと思うのですが。通うのも大変です。

我が家の場合は、実は市販教材をつかって、わたしがお手本を読み、子供といっしょに音読して教材を丸覚えすることで、小学校の間に英検4級までとらせたので、自宅学習も十分可能だと思いました。中学での英語の成績もよかったです。

ただ、わたしのように毎日子供について英語を教えてやり音読もしてやるという時間や余力のあるご家庭も少ないでしょうし、第一、親のへたくそな発音で英語を覚えるというのは危険な側面もありますから、ネイティブの発音で学習してほしいですよね。

幼児からぜひ英語をやりたいということなら、6歳以下のお子さんでしたら、29800円で購入できる、世界の七田式英語教材7+BILINGUALという教材などはおすすめです。

幼児向け英会話教室の相場は、月に8千円〜1万2万円、さらに教室で買う教材費を含めると 年間で20万程度の費用がかかるのだそうです。

そこまでお金をかけたくない、自宅でできるところまでやってみたいというときによい教材になっています。

日本語→英語→早いスピードを聞くことで耳が慣れ、勉強というよりもBGMのような感覚で学べる教材になっています。

35日間という短期間で仕上げるというのも、英語学習の導入としてはよいのではないでしょうか。

もちろん、35日にこだわらず、繰り返し学習するともっとよいと思います。リスニングにも強くなりそうですよね。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

なお、七田式の英語学習は大人版もあります。19800円とお手頃です。ご興味のある方はどうぞ。

たった60日で英語が話せる!?<七田式>

子供英語通信教材は英語か英会話か学校の成績は

学校英語の成績をきっちりとれる子にしたいとおもったら、毎日少しずつでも学習できて、確実に英検に受かる学習をしていくのがおすすめだなと思います。

最近、わたしが注目しているすららという学習教材は英数国の三教科で、英検対応もできるものなのですが、小中高の無学年制で、先取り学習ができます。

幼児のお子さんもタイプによっては早く始めてもよいでしょうし、小学生なら十分始めることができます。中学高校のお子さんにとっても遅くはありません。

入会金1万で月8000円なので、英語だけでも値打ちがあると思いますし、ついでに国数もがんばってもらえばさらに学力が期待できますね。

子供英語通信教材は英語か英会話かということですが、目的によって違うと思います。

わたしは英語については学校の成績につながることを最重視しています。

学校英語ができれば、いざ英会話が必要になった時も、正直なんとかなるんですね。

公立トップ校に通う高校生の娘も先日海外研修でアメリカに出かけましたが、英会話なんてならったことないですけど、学校で習った英語でなんとか通じたようですので、そういうものかなと思うんです。

英会話を長くならったお子さんで、通信制高校にきている子の面倒を見たことがありますが、雰囲気で簡単な会話はできるものの、スラングとか余計なことばかり知っていて、英語のテキストをやると、単語も文法もめちゃくちゃでしたので、たしかな英語力が合って英会話を習うほうがいいんじゃないかとわたし個人的には感じました。

なので、うちのこどもたちには、いまは学校の成績や英検が優先です。

スポンサーリンク

英語自宅学習小学生中学生高校生おすすめは

英語自宅学習小学生中学生高校生おすすめはということですが、先ほども書きました、すららという自宅学習教材が英語についてはおすすめです。しっかりものの幼児も関心があれば試してみていいと思います。年齢関係なく受講できるシステムなので。

お安くて、英検コースも受講費用に含まれています。手持ちのパソコン、タブレットで学習できます。インターネット塾の一種ですね。

毎日好きなだけ学習できて月8000円で、国数も学習できますから、普通の塾をお考えの方にも、塾に代わるものとして検討できると思います。

中学受験に興味がある方にも実はおすすめです。学年を超えて先取り学習できるので、高い受験塾に行く前に、できるだけ自宅で先取り学習しておきたいニーズにもこたえてくれますよ。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すらら公式サイトはこちらです。簡単に無料体験できるのでぜひお試しください。

まとめ

学校英語の成績をきっちりとれる子にしたいとおもったら、毎日少しずつでも学習できて、確実に英検に受かる学習をしていくのがおすすめだなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする