高校受験過去問いつからどこからやる繰り返し解き直しの入試問題集は

中学3年生は、中1中2の復習に中間期末の定期テスト対策のほか、実力テストや模擬試験の勉強なども加わって、本当に忙しくなります。

しかし、さらにやらなくてはいけないのが、志望校の過去問、入試問題集いわゆる赤本をやることです。

塾あり、塾なしにかかわらず、必要な本を手に入れて、できれば夏休み前から、少なくとも秋以降は、過去問をやる時間をとるようにしてください。

そのためにも、夏休み明けには、第一志望第二志望第三志望くらいまでの高校は決めておく必要があります。

中3になったら、塾なしの場合も夏休み前か夏休み中には一度か二度は地域の模試を受けておおよその自分の偏差値を知っておくといいですね。

スポンサーリンク
  

高校受験過去問いつからどこから手を付けるのか

高校受験過去問いつからどこから手を付けるのかということですが、多くの高校入試問題集の新しいもの(その年発刊のもの)は秋以降に販売されます。

9月か10月には入手できると思いますが、遅くても11月にはやり始めましょう。

夏休み前から手を付けたい人は、その前年のものを入手するか、高校説明会で過去問をもらったりしておきましょう。

公立中学のお子さんの多くは公立高校志望で、公立高校共通の入試問題を受けるタイプが多いと思いますので、その都道府県の入試問題集を手に入れておくといいと思います。

中学校からのあっせんなどで、高校入試問題を集めた問題集などを勧められる場合は、それも活用するといいですね。

また、私立専願、公立と私立を併願するお子さんは、その志望高校の過去問題集も手に入れておきます。

うちの長女の場合は、第一志望の公立高校の過去問と、第二第三第四志望の過去問まで手に入れてやっていました。

で、手に入れた過去問ですが、まずは、志望校よりも簡単な基本的な入試問題から手をつけていくことがおすすめです。

自分で判断できない場合は学校の先生に相談するのもいいですね。

最初はあまり時間を気にしなくてもいいですが、慣れてきたら、キッチンタイマーなどで時間をはかりながら解くのがおすすめです。

そして、だんだん難易度をあげて解いていきましょう。

解いた問題で難しかったものなどは、学校の先生にお願いして添削や解説をたのんでみましょう。

なお、高校受験についてはこちらの記事でも詳しく書いています。

高校受験過去問繰り返し解き直しは必要か

高校受験過去問繰り返し解き直しが必要といわれることがあります。

実際、第一志望校については最低でも過去3年分(できればそれ以上)を、3周以上繰り返し解きなおすとよいときいています。

同じ高校からは毎年似た傾向の問題が出る可能性も高いので、慣れておくことは大きなメリットがあるのです。

入試問題は高校から受験生へのラブレターでもあり、こういう問題が解ける学生が欲しいのだというメッセージでもあります。

そこをしっかり理解して、できるようになっておくことで安心が生まれるはずです。

第二第三志望の過去問については時間との相談にもなりますが、それでも複数年分を2回以上やるつもりでいたほうがいいでしょう。

時間をはかって解き、どこに時間がかかったのか、問題を解く順番は適切だったかなど、自分なりに気づき考える必要があります。

時間がない場合、捨てる問題を見抜く力も必要です。これも実力のうちと考えましょう。

なお、赤本、青本、過去問題集をコピーして繰り返し解くのも良い方法です。

こちらに参考記事があります。

スポンサーリンク

高校受験入試問題集解けないときはどうする

高校受験入試問題集解けないとき、自信を失ってしまってやる気をなくす恐れもあります。

自分にとって難しい問題はほかの受験生にとっても難しい問題なので、あまり気にすることはないです。

自信ややる気を失ってしまわないためにも、最初はとにかくやさしい基本的な入試問題から始める必要があります。

また、あまりに早すぎる時期に過去問を始めるのも考え物です。特に基礎力に自信がない場合は、秋以降でよいと思います。

また、わからないものはそのままにせず、学校の先生などに教えていただきましょう。

塾なしでも十分高校受験まで自分で勉強できます。

ただ、過去問にたどりつくまでに、中学3年間の学習内容をきちんと頭に入れておく必要があります。

特に英国数は時間がかかりますので、中1中2中3のそれぞれの時期の地道な努力が必要です。

基礎と応用の力をしっかりつける自宅学習教材としてはわたしはすららをお勧めします。

すららで、中3の夏休みから10月ごろまでに、中学3年間の学習を終えてしまったら、秋以降は入試問題演習の時間をしっかりとれますよ。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

すららは公式サイトから簡単に無料体験できるのでぜひお試しください。

まとめ

塾あり、塾なしにかかわらず、必要な本を手に入れて、できれば夏休み前から、少なくとも秋以降は、過去問をやる時間をとるようにしてください。

すららで、中3の夏休みから10月ごろまでに、中学3年間の学習を終えてしまったら、秋以降は入試問題演習の時間をしっかりとれますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする