高校受験インターネット家庭教師学習障害中学生子ども口コミ塾と比較

高校受験に向けて、インターネット家庭教師を学習障害の中学生子どもさんのためにお探しの保護者の方も多いと思います。

集団や個別の塾の授業が苦手だけれども、自立して自宅学習ができない学習障害、発達障害のお子さんもいらっしゃると思います。

といって、自宅に家庭教師をお呼びするのは、家のスペース的にも、費用的にもためらうことがありますよね。

ごきょうだいがいて家の中が常ににぎやかな場合なども家庭教師が向かないことがあるでしょう。

なにより、お子さんと先生との相性が心配です。LDやADHD、アスペルガーのお子さんなどはこだわりや感覚過敏など心配な面も多いでしょう。

インターネット家庭教師の口コミや塾との比較についてご紹介します。

  

スポンサーリンク

高校受験インターネット家庭教師学習障害中学生向きは

インターネット家庭教師は、パソコンをつかって、ネット上でリアルタイムに講師と受講生が授業をする個別指導システムのものがよく見かけられます。

地方のお子さんが、東京の大学生の先生に勉強を教わったりもできるシステムです。もちろん学生講師ばかりではなくてプロの家庭教師の方もいます。

小中学生なら1回50分授業で週1回、月4回で1万前後などが相場のようです。

学習障害、発達障害のお子さんの指導経験のある方を探すこともできると思うので、自宅に他人の方が出入りするわずらわしさがなく、自分の希望する個人指導内容を受講できるのはとても魅力ですね。

不得意教科を集中的に、とか、毎週の学習スケジュールを管理して質問に答えてもらうとか、講師の方にお願いする内容をはっきりイメージしていると、効果的に活用できそうです。

ただ、家庭教師ですからもちろん時間数回数を増やすとその分費用が掛かりますし、勉強全般苦手な場合は、すべての指導を丁寧にお願いするのは難しい面もあるでしょう。

なお、発達障害の悩みについてはこちらの記事でも書いています。

インターネット家庭教師口コミ評判LDやADHDの子どもは

インターネット家庭教師口コミ評判としては、良い面は、地理的に遠くてもよい先生に出会うことができるなどがありますし、よくない面としては、直接対面しないので、緊張感が出ない、時間数が少なく教えてもらう科目や単元が限られてしまう、などの面があるかと思います。

家庭教師の時間以外の自宅学習の内容を管理するのは保護者の役割にどうしてもなりますし、やはり大変です。

特に、お子さんのつまずきポイントを探して、必要なレベルから学習をスタートし、勉強の遅れを取り戻すなどの場合は、指導者、教材、ともにお子さんに合うものを探す必要があります。

勉強が遅れているお子さんや、LDやADHDなどの学習障害、発達障害のお子さんにも評判がよい学習サービスとして、インターネットの家庭教師に近い感覚でしかも毎日すきなだけ利用できるタブレット学習教材があります。

すららという英国数3教科のインターネット学習塾なのですが、アニメの双方向性のレクチャー(授業)と、お子さんに自動的に内容、レベルをあわせてくれるドリルやテストを利用できる画期的なシステムです。

公式サイトはこちらです。

インターネット家庭教師と同じように、自宅にあるパソコンやタブレットでインターネット環境があれば利用できます。

毎日好きなだけ利用でき、学習計画をたてたり、わからないところの質問などは、プロの塾講師のフォローもあって、これも料金に含まれていてお得です。

英数については学校の教科書と範囲を登録すると、定期テストの模擬テストを自動的に作ってくれたりもして、内申点対策もばっちりです。

スポンサーリンク

学習障害児は塾か家庭教師か良いところどりをするには

学習障害児のお子さんは、塾か家庭教師か、悩むことも多いと思います。

お子さんが塾や家庭教師を嫌がるなどの場合も少なくないでしょう。

お子さんに合う先生に出会えると一番よいですね。

ただ、いずれも費用が掛かりますし、塾なら送迎が必要だったり、自転車通塾の心配があったりします。家庭教師だと、さらに費用がかかったり時間の少なさが気になったり、自宅に上がっていただくための気遣いもいろいろ必要になります。

また、塾や家庭教師はいったん始めると、辞めるのにもいろいろ手間取ってしまったりする面があります。

すららは、タブレット学習教材ですが、お子さんのつまずきを見抜き、必要な学習内容をそのお子さんだけのために提供してくれるという、個別塾、家庭教師の側面が強い教材です。

アニメでレクチャーし、デジタルのドリルをするスタイルなので、感覚の過敏なお子さんが、先生の好き嫌いに振り回されないですむという面もあります。

入会金1万円に月、8000円で、毎日の学習習慣もつきますし、時間を有効活用できます。やってみて、向いていなければすぐに退会もできますから、無駄もありません。

3教科の教材なので、英国数はすららで学習し、心配でしたら理科社会や副教科の学習についてはインターネット家庭教師や個別塾を利用するというのもいいかもしれません。

ただ、学習全体が遅れているお子さんの場合は、まずは英国数の3教科の基礎をしっかりがんばって勉強の遅れを取り戻し、理科社会は、保護者の方も手伝ってあげて一緒に教科書を読んだりワークの暗記をしたりなどで、乗り切れる場合も多いと思います。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

まとめ

お子さんのつまずきポイントを探して、必要なレベルから学習をスタートし、勉強の遅れを取り戻すなどの場合は、指導者、教材、ともにお子さんに合うものを探す必要があります。

勉強が遅れているお子さんや、LDやADHDなどの学習障害、発達障害のお子さんにも評判がよい学習サービスとして、インターネットの家庭教師に近い感覚でしかも毎日すきなだけ利用できるタブレット学習教材もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする