通信教材小学生タブレットで大丈夫?英語英検対策や中学受験は

中学受験をしない小学生の場合、高校受験をめざして、小学校時代の学習をしっかり身に着け、中学校の学習をスムーズにスタートさせたいというご家庭の希望も多いのではないかと思います。

塾に行かせるほどお金や時間をかけたくないが、毎日短い時間でも宿題にプラスして学習量、演習量を増やし、学習習慣が身に着くのがよいと考える親御さんが多いのではないでしょうか。

そんなご家庭で最近注目されているのが、通信教材で、タブレットやパソコンでインターネットを利用して学習できるタイプの自宅学習教材だと思います。

ただ、タブレットやパソコンで実際学力が身につくのか不安もあると思います。みなさん、どうされているのでしょうか。

スポンサーリンク
  

通信教材小学生タブレットで大丈夫?人気おすすめは

進研ゼミやスマイルゼミなど有名な通信教育で、タブレットを利用した学習サービスもあるのが知られていますね。

タブレットを利用した学習だけでなく、紙の教材も合わせて使い込んで、学習が身に着くことが多いようです。

また、一般的なこういった通信教材は学校の進度に合わせて利用する設計になっていることが多いです。

そういうニーズに合うならとてもよい教材ですが、勉強が遅れているタイプのお子さんで、学年をさかのぼって復習したい、もしくは、学力の高いお子さんで学年を超えて先取り学習したいなどの場合には、無学年制の教材のほうが向いています。

小学校時代に基礎をしっかり身に着けたうえで、中学の内容まである程度先取り学習できると、高校受験への順調なスタートが望めそうですよね。

無学年制のタブレットパソコン学習で、小学校、中学校、高校までの学習がどれでもできる、そして、自分に合ったところから始めることができるプロ講師のアドバイス付きの教材として、最近人気があるのが「すらら」です。

本当に勉強を嫌がっていた子まで成績が上がるという実績も多くきかれます。

一人ひとりの個性に合わせることにこだわった「究極の個別学習」教材なので、それぞれの苦手や強みに合わせた学習をすることができます。

すららについてはこちらでも詳しく書いています。

英語通信教材小学生から英検対策にもなる講座は

英語は小学校でも正式の科目に移行するとあって、気になっている保護者の方も多いと思います。

もちろん、自学学習教材を選ぶなら、小学校から英語を学ぶシステムになっているものを選ぶのが良いですよね。

すららには小学生版の「英語」はありませんが、中学生版の「英語」を使って学習をすることができるんです。

ネイティブの発音でアルファベットから丁寧に教えてくれますので、基礎から先取り学習できる仕組みです。

英検コースを使って英検にチャレンジもできるので、お得ですね。

スポンサーリンク

小学生通信教材中学受験準備にも役立つのは無学年制

中学受験を考えている小学生のお子さんで、塾はできるだけ通わないで、ある程度は自力で先取り学習して力を付けておきたいという場合もあると思います。

すららはこういった場合も、無学年制なので、学年を超えて学習し放題になっています。

もちろん、わかったつもり、などの浅い理解でなく、繰り返し理解を確認するシステムで、無理なく実力アップをすることができます。

無料で体験できるので、一度試してみてはどうでしょうか。

公式サイトから簡単に申し込みができます。

まとめ

勉強が遅れているタイプのお子さんで、学年をさかのぼって復習したい、もしくは、学力の高いお子さんで学年を超えて先取り学習したいなどの場合には、無学年制の教材のほうが向いています。

自宅学習教材すららがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする