テスト勉強のやり方中学生集中する仕方方法コツ計画表スケジュール帳

テスト勉強のやり方がわからない知りたい中学生やその親御さんは、何か特別な良い方法を求めているかもしれませんが、実際にはとてもシンプルな方法で平均点以上であるとか、現状よりもさらに高得点を目指すことはできると思います。

いま、伸び悩んでいたり、成績が低くてやる気が出ないなどで苦しんでいるお子さんの場合は少し助けが必要かもしれません。

  

テスト勉強のやり方中学生集中する仕方方法コツ

テスト勉強の基本は、定期テストの場合、

・教科書、ノート、ワークの試験範囲を確認する。↓
・テスト本番までにやることを計画表にまとめる。↓
・教科書を読む。音読したり、キーワードを覚える。↓
・学校のワークやプリントをやる。答えを暗記する。↓
・できれば市販や塾の問題集などをさらにやり、答えを覚える。↓
・どうしても苦手な部分をノートや紙に書いて覚える。

などというのが一般的な流れだと思います。

勉強嫌いなお子さんの場合、親御さんが「試験範囲のプリントを見せて」といって、実際すぐに持ってきたらまずはなくさなかったことをほめてあげましょう。

教科書を読むのも嫌がるような場合は最初は親が読み聞かせてやってもいいと思います。親も本気を見せましょう。

お子さんが授業をしっかりきいていると、教科書を読み込んだりする作業が軽く済みますが、あまり授業に集中できていない場合や理解が不足していおる場合は少しここに時間をかける必要があります。

自分で勉強を進めるのが難しいお子さんの場合は、できるまで親御さんが付き合ってあげるのがベストですが、それも時間的な問題や親子関係などで難しい場合には個別指導塾などに協力をお願いするのもよい方法です。

問題集などもお子さんに合う内容、レベルのものを使用してくれます。

中学生テスト勉強計画表スケジュール帳は

人気のスケジュールノートであるスタディプランナーなどを利用してもいいですし、普通のスケジュール帳やノートを利用してもいいので、日ごとの学習内容の予定と、実際にやった学習内容や時間を記録するものがあると学習計画づくりや実行がはかどると思います。

文房具店などでお気に入りを探してみるといいですね。

特に、自分が勉強した時間を記録していく方法は目に見えて達成感があるので、あまりだらだら時間では意味がありませんが学習習慣が身につくまではやってみてもいいと思います。

学習計画の立て方などは家庭で進めるのが難しい場合は個別指導塾などで相談するのもいいかもしれません。全国展開のスタンダードは、初回から5回は無料で授業を受けることができるので、試しに自分に必要な勉強方法を相談してみるのもいいと思います。

勉強内容の基礎的な部分からやり直して学力を高めたい場合にもぴったりです。

参考記事はこちらです。↓

中学生テスト勉強効率よくすすめるきっかけ

成績の良しあしにかかわらず、頭のいいお子さんは効率の悪い勉強を嫌う傾向が強いと思います。無駄なことをしたくないんですね。

勉強嫌いなお子さんは勉強しても成績につながらないので、好きになれないでいることが多いように感じます。

勉強したら成績が良くなると実感できて初めて勉強にある種のゲーム性というか、おもしろさを感じるのではないでしょうか。

お子さん自身で勉強を進めていけるタイプでないのなら、実際に対面で刺激を与えてくれる存在がよいきっかけになると思います。

親には素直になれなくても、学校の先生でもおやでもない、第三の存在である塾の先生にはなじむ場合もあります。年の近い若い先生がいいかもしれません。

個別指導塾スタンダードは先生との相性も重視し、希望も聞いてもらえて、必要なら交代などもしてもらえます。その点安心です。

スタンダードはお子さんの習熟状況や学習内容の抜け漏れをしっかりチェックしてピンポイントに個別のカリキュラムを組んで必要な学習をさせてくれるので、テスト対策も無理無駄なくすすめられると思います。

オンラインにも通塾にも対応してくれて切り替えも相談に乗ってくれるので、そういった柔軟性も魅力ですね。

無料で資料請求や体験もできるので、一度おといあわせされてみてはどうでしょうか。↓

まとめ

自分で勉強を進めるのが難しいお子さんの場合は、できるまで親御さんが付き合ってあげるのがベストですが、それも時間的な問題や親子関係などで難しい場合には個別指導塾などに協力をお願いするのもよい方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする