中学生に塾は必要か塾選びポイント高校受験いつから対策オンラインは


中学生に塾が必要かどうかは、お子さん本人やご家庭の方針によって違うと思います。塾なしで志望する高校に合格できるお子さんももちろんいます。

ただ、勉強が遅れていて苦手なお子さん、やる気がなかなか出なくてゲームやスマホ、タブレットに夢中なお子さんなどの場合は、長くその状態が続いているほど親御さんだけでは対策が難しいことも多いです。お子さんの伸び悩みに早めに気づいて対策するのが大切です。生活改善のため、塾などもうまく活用することを考えてはいかがでしょうか。

  

中学生に塾は必要か塾選びのポイントは?

中学生に塾が必要かどうかは人によって違うと思います。ちょうど実力相応の高校に、無理なく自学ですすめるようなら、塾が必要ない場合もあるでしょう。

ただ、特別な対策が必要な難関校、公立トップ高校志望だったり、志望する高校が現在の偏差値、内申、成績では難しそうに思われたり、公立高校には成績が足りなかったり、全日制の普通科高校には厳しい成績だったりなどの場合は、できれば、通塾型の学習塾がむいていると思います。

勉強が苦手なお子さんほど、個別指導塾が良い場合が多いでしょう。

塾選びのポイントとしては、ご家庭の予算とお子さんの状況に応じて、お子さんに必要な授業数を確保できる個別のカリキュラムを組んでくれるかどうか。
講師の質が高く、塾側で相性なども考慮し、先生の変更などの希望も応じてくれるかどうか。

信頼できる学習システムと実績があるかどうか。

などが塾選びポイントになってくるかと思います。

この条件で選ぶと、良心的な授業料で講師の質にも定評のある全国展開の個別指導塾スタンダードはおすすめの塾といえます。

資料請求、無料体験だけでもしてみてはどうでしょうか?お子さんの今の状況をいろいろ相談できますよ。↓

高校受験に塾必要か費用が心配な時は

お子さんが中学生になると、高校受験や進学にともなって、いろいろ学費面も心配が出てくるころだと思います。

塾に通うとなると費用面も心配ですよね。

個別指導塾スタンダードだと、入会金はないですし、初回から5回目までは無料のキャンペーンをやっていることもあるので、とてもお得に利用できます。
週に1回からのコースも選べるので、お子さんに必要な学習内容に絞って指導してもらうことも可能です。生活にも合わせやすいですよね。

これが集団塾だと、決まったカリキュラムで日時の希望も聞いてもらえないので、学習内容に不足を感じたり、過剰に感じたりという面がどうしてもあります。

勉強が苦手なお子さんほど無理なく無駄なくスケジュールを組んで勉強へのハードルを少しでも下げてあげる必要があります。

参考記事はこちらです。↓

中学生塾いつから行かせるオンラインは?

お子さんに塾が必要だと感じたら中1、中2、中3のいずれでも学年に関係なく、なるべく早く塾に相談されるのをおすすめします。

中3くらいから塾に行く予定にされる方も多いですが、苦手科目克服や、実力よりも高い志望校を目指すなどの場合は早めに始めた方がいいです。塾に慣れるのにも多少時間がかかりますし。中3の夏休み以降は塾によっては入塾を引き受けてくれない場合もあります。

逆に、中3になって以降高校受験までの間に、急に塾に行きたくなったり、塾を変更したくなったりという場合も、個別指導塾なら引き受けてくれる場合がありますので、遅いとためらうような場合もすぐに動いて最寄りの個別指導塾に相談されるといいと思います。

個別指導塾スタンダードは通常の通塾に加え、オンライン指導に切り替えることも可能なので、通塾とオンラインのどちらかを選んだり、もしくは両方組み合わせたりなども相談に乗ってくれます。

今回の新型コロナ肺炎で緊急事態宣言も出て、多くの塾が休みになりましたので、オンライン対応してくれるかどうかはとても重要だと思います。

まとめ

お子さんに塾が必要だと感じたら中1、中2、中3のいずれでも学年に関係なく、なるべく早く塾に相談されるのをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする