中学生勉強しない成績悪い塾意味ある?放っておくやる気出させるには

中学生で勉強をしない、「わからない、めんどくさい、つまらない」というなどのお子さんに悩んでいる親御さんも多いと思います。成績に限らず、たいていのお子さんは当てはまりますが、程度によっては悩みが深いこともあるでしょう。

本人がやる気を出すまでほっておくというのもよく聞く話ですが、わたしが二人の娘を育ててきた経験からいっても、よそのご家庭の様子を見聞きするにしても、勉強しない子を親が放っておいて、自分からやる気を出すというケースはあまりないように思います。お子さんに合った方法を試行錯誤して、何かしらうまくいけば軌道に乗ることもあるとは思います。

  

中学生勉強しない成績悪い塾は意味あるのか?

中学生勉強しない成績悪い塾は意味あるのかという悩みについては、場合に寄りけりでしょうけど、お子さんに合う塾があれば意味があるとはいえると思います。

成績が下がり続ける、勉強しない態度がひどいなどの場合は塾があってないことが考えられますね。

集団塾でも、個別塾でも、お子さんに合う塾を探すのは案外難しかったりします。

成績に不満はあるけれども塾をやめさせるともっと下がる気がしてやめさせられないというのもよく聞く話です。

こういう場合は、塾の相性だけではなくて、家庭での生活習慣全般や親の学習フォロー体制、言葉のかけ方なども振り返ってみるといいと思います。

参考記事はこちらです。↓

中学生勉強しない放っておくか手伝うのか

中学生勉強しない放っておくか勉強を親が手伝うのかということについてはそれまでの親子関係にもよるのでなんともいえないですが、基本そのまま放っておくだけではよくはないと思います。

親が勉強をへたに手伝うとケンカになることもありますので、うまく手伝えない場合は、親身になってくれる個別指導塾を探すのが、まずは話が早いかと思います。

全国展開している個別指導塾のスタンダードは、親、子、それぞれとしっかりと話をし、学力診断もしたうえで、必要なカリキュラムを組んでくれるので、ストレスが少なく始めることができると思います。

先生との相性や変更も相談できるので、安心です。

オンラインと通塾を両方選べるし、使い分けもできるので、家庭や部活の事情に合わせて日時も選べ、続けやすいと思います。

個別指導としては料金も安い方だと思います。

一度資料請求、無料体験などしてみる場合はこちらから申し込めますよ。↓

中学生勉強しないやる気を出させる方法

中学生勉強しないやる気を出させる方法は、まずはハードルの低いところから手を付けて得意科目を作り、「できた!」という小さな体験をいくつも積み重ねていくことです。その自信がやる気につながっていきます。

最初はあまり気負わずにまず、教科書を1ページ読んでみる、問題を1つ解いてみる、それを積み重ねていくことをイメージするのがいいです。

家庭学習で親もそういった点を意識して、5分でも机に向かったらほめるくらいのつもりでハードルを低くして、声がけを具体的に、一度にすることは1つだけ、といったやることの細分化を意識するといいと思います。

個別指導塾スタンダードの先生はプロなので、そういったやる気の引き出し方が上手です。家庭でも気を配りつつ、塾でもプロの力を借りると親も安心できるし、子供もよい刺激を受けられそうですよね。

まとめ

中学生勉強しないやる気を出させる方法は、まずはハードルの低いところから手を付けて得意科目を作り、「できた!」という小さな体験をいくつも積み重ねていくことです。その自信がやる気につながっていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする