志望校高く設定高校受験大丈夫?レベル高い諦めたくない受かるため塾?


高校受験では、中3の最初のうちは高めの偏差値レベルの志望校を設定して学力アップをめざすのがよいという話をよく聞きます。できればそのまま学校のランクを下げずにお子さんが最後まで受験を走り抜けられるといいですよね。

ただ、受験勉強期間の中で、模試の成績などで上下があり、受験は水物という面もありますから、見守る親としてはいろいろな可能性を考えておく必要があります。志望校の設定の仕方はどのようにしていったらいいでしょうか。

  

志望校高く設定しても高校受験大丈夫?

志望校高く設定しても高校受験大丈夫かどうかについては、お子さんのタイプによっても違うと思いますが、一般的には合格可能性のある中でレベルの高い方の高校を第一志望校にして、より安全圏に近づけていくという形が多いと思います。

これも子供さんによりますが、時期的には夏休み前から遅くても中3の12月ころには実際に受験する高校を決めるという形で、志望校ごとの特徴に合わせて志望校対策をすることを考えると、夏休み中には決めておくのが望ましいだろうとは思います。レベルの高い学校ほど早く志望校対策を始めるのが大切です。

ただ、実力相応もしくは実力よりもかなり上の難関校を目指し、「そこしか受けない」と凝り固まってしまうと、実際不合格になる場合もあるわけで、せっかくの高校進学を楽しみにできなくなってしまう可能性もあります。

わたしのおすすめは、中1、中2のうちに、通える範囲の学校をできるだけピックアップし、ほんとうに滑り止めのレベルの高校からかなり実力より上目の高校まで、いろいろ高校見学、説明会参加を親子でしておくことです。

できれば実際に足を運ぶのが良いですが、どうしても難しければ資料請求した学校パンフレットや、ホームページなどだけでも親子で色々見る時間を作ってください。

そして、それぞれの学校のよいところ、好きなところを親子で話し合ってみてください。できるだけあら捜しをするのではなく、プラスの面だけです。そして、どこの学校にいっても楽しい高校生活が待っているというイメージをお子さんに持ってもらうのがよいと思います。わたしは実際二人の娘の中学時代にこれを実行して、子供たちもふりかえってみてこれがとてもよかったと言っていました。

その基盤をつくっておくと、高めの高校を目指していて、実力不足で途中志望校を変えるような時も前向きな気持ちを維持できると思います。なので、最初は安心して高い学校を目指していても大丈夫なのです。

志望校レベル高い高校諦めたくない

中3の夏休みではほぼ第一志望や滑り止めとして実際に受験をする高校に絞り込んで最終決定をするために、学校説明会に参加するのがよいと思います。

受験生として夏から秋、冬と過ぎていて、受験勉強をがんばって、まだ偏差値が足りない、成績がギリギリだけれども高いレベルの志望校をあきらめたくない、そんな状況になるかもしれません。

そんな状況を見越して頑張る子供さんの伴走者としての塾選びはとても重要になります。

中3の最初から志望校の安全圏にいる中学生はわずかです。多くのお子さんがあと一歩の力を伸ばしたいであるとか、本当に頑張らなくてはいけないのに頑張ることができないという状況に苦しんでいると思います。

塾は費用面も大事ですが、お子さんに寄り添ってお子さんに合う必要最低限の指導をきっちりしてくれる安心感が何より大切だと思います。全国展開している個別指導塾のスタンダードは最初の学力チェックがきっちりしていて、カリキュラムのカスタマイズもこまやかです。全教室直営で、講師の採用や研修に力を入れ、講師と生徒の相性についても相談に乗ってくれますし、高校選びの相談もできますので、おすすめです。

こちらが参考記事になっています。↓

塾の利用開始は早めがお勧めですが、遅くともできれば、中3の最初からが望ましいでしょう。苦手な部分に手を打ちやすいですし、合格可能性も高まると思います。ただ、中1、中2からきっちり塾を利用して基礎がしっかりしているお子さんたちがライバルになってきますので、中3からの入塾はそこに追いつく覚悟が必要になってきます。

親が信頼できる塾にお子さんを預けて、お子さんの努力を信じてあげるのが大事です。

志望校受かるために塾必要?

志望校受かるために塾必要かどうかは、ほんとうにお子さんによって、ご家庭によって違うと思います。市販の問題集や、通信教育、地元の模試受験だけで難関校を含む志望校に合格されるお子さんももちろんいます。

ただ、問題集や通信教育だからすごく安いかというとわたしはそうでもない気がしていて、これもお子さんに寄りけりでしょう。スタンダードが中学生週一で月謝1万前後なのを考えると、塾の利用も選択肢に入れてもいいのかもと思ったりします。

スタンダードはオンライン指導も導入しているので、通塾とオンラインをどちらか選んだり、組み合わせたり、途中で変更したりなどもできるのも魅力だと思います。

無料で資料請求、無料体験もできますので、興味がある場合はホームページをご参照ください。↓

まとめ

塾は費用面も大事ですが、お子さんに寄り添ってお子さんに合う必要最低限の指導をきっちりしてくれる安心感が何より大切だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする