勉強の遅れ取り戻す塾どう探す?遅れてる英語数学国語社会理科対策は

新型コロナの影響で緊急事態宣言となり、突然の長い休校期間があり、十分勉強できずにお子さんの勉強の進み具合を心配されているお父さんお母さんも多いと思います。

学校からの課題も自主学習も、しっかり勉強できている子との差が開いたと心配されているご家庭も多いでしょうが、休校期間を元気に過ごせただけでも十分だと思います。勉強、学習の遅れはこれから取り戻していきましょう。

  

勉強の遅れ取り戻す塾はどう探す?

勉強の遅れ取り戻す塾はどう探すかということですが、通える範囲のご近所の塾などを片っ端から問い合わせていくのも一つの方法ですが、塾にはいろいろ相性の良いタイプがあるので、そのタイプをある程度わかってから探すのが効率的でしょう。

学力が高く、自分で勉強をすすめていけるタイプのお子さんには、大手の集団学習進学塾が向いているかもしれません。

ただ、いままで学習した内容について習熟の凸凹があり、成績が伸び悩んでいたり、下がり気味だったり、勉強に苦手感やめんどうくささ、やる気のなさをみせているようなタイプのお子さんだと、お子さんの実力に合わせて伴走してくれる個別指導塾が向いているでしょう。

全国展開している個別指導塾スタンダードは、入塾時に入念な面談と学力チェックをしてくれるので、お子さんの力やご家庭の希望に合わせて勉強をスタートできますよ。

勉強の遅れが気になっている場合も相談に乗ってくれるので、お子さんに必要な学習内容、カリキュラムを組んでくれます。

料金が良心的なところも魅力です。

塾をお考えなら候補の一つとして、一度スタンダードで資料請求や無料体験をされてみることをおすすめします。

スタンダードについてはこちらでも詳しく書いています。↓

勉強が遅れてると気づいた時が入塾タイミング

塾に入る時期を考えてしまうこともあると思いますが、子供の勉強が遅れていると気づいた時が入塾タイミングといえます。

塾のある生活に慣れて習慣化してしまうには早めの入塾が成績アップのコツといえるでしょう。

集中力がない、やる気がない、ほかの子との差が気になるなど、親御さんの悩みは尽きないと思いますが、親御さんの不安や普段のお子さんへの接し方などもスタンダードには相談することができますよ。

また、親とも学校の先生とも違う身近な大人である塾講師に接することで、お子さんがご自分を客観視したり、さまざまな大人のモデルに触れることができるのも塾の魅力の一つだと思います。

勉強の遅れ英語数学国語社会理科どこから?

勉強の遅れが気になる場合、どの教科にまず力を入れていくか考えると思いますが、基本は英数から、または英数国からが多いと思います。

もちろん社会理科が特に苦手な場合は、そこから力を付けていくのも一つの方法です。

得意教科を一つつくることで、よい意味で学習に意欲がわき、ほかの教科の勉強のコツもつかみやすいので、まずは1つの教科に特に力を入れるのもいいでしょう。

そして、それをてがかりに、だんだんバランスの良い学習習慣を作っていきます。

スタンダードは小・中・高全学年、全教科対応で、生徒二人に対し、講師一人で指導してくれますし、先生との相性も相談に乗ってくれるので、安心です。

まとめ

勉強の遅れが気になる場合、どの教科にまず力を入れていくか考えると思いますが、基本は英数から、または英数国からが多いと思います。

もちろん社会理科が特に苦手な場合は、そこから力を付けていくのも一つの方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする