期末テスト中1で平均点以上とる9教科対策!定期考査いい点を取る方法

中学生がテストでいい点を取る方法を探している保護者の方も多いと思います。 5教科で450点平均90点以上で、できれば9教科でもそれぞれ90点以上とれるとよいですよね。 なかなか難しいようですが、実際毎回それだけの点数をとれているお子さんも存在するわけなので、ぜひ、平均80点台のお子さんは90点超えをめざしてほしいと思います。親御さんの協力も必要です。 5教科、9教科といいますが、まず、固めなくてはいけないのは英国数の3教科です。 3教科を抑えたうえで、理科、社会、音楽、保健体育、技術家庭、美術の対策をしていきましょう。

スマイルゼミとすららタブレット学習比較!評判や口コミ&費用お得なのは

タブレット学習でジャストシステムのスマイルゼミという教材がよく知られています。 良質の教材がお安く利用でき、学校の教科書や9教科も対応するということで、中学生にも人気があるようです。 一方で、3教科のみの教材ですが、タブレットやパソコンで学習できるすららというデジタル教材もあって、最近注目が急上昇しています。 こちらは無学年制で必要なところまでさかのぼったり先取りできたりという特徴があります。 タブレット学習教材を検討する場合この二つで迷うことも多いと思うので、比べてみました。

中学生の成績が上がる勉強法!苦手ヌケモレを克服する通信教育「すらら」

親は働き盛りで、中学生の子供は部活に勉強!親も子も忙しい中学生時代ですね。 お子さんの勉強嫌いや成績の伸び悩みは深刻な問題になると思います。 頭の良い子ほどやっても無駄なことをしたがらないのでやる気も出なかったりします。 必要なことだけ学習できると直感的に理解できるタイプの通信教育は受け入れられやすいかもしれません。 学年相当の学習をしながら、無学年でさかのぼり学習もして、基礎学力の補強もしていけるのが、通信教育「すらら」の最大の魅力です。 すららの世界をちょっとご紹介したいと思います。

塾なしで高校受験!中学生が塾に行かないで公立高校に合格可能?

子どもさんが中学生になると、周囲のお友達で塾に行きはじめる人が増えると思います。 中学入学当初は最初は様子見で、塾に行かせない場合も、定期テストの結果が出たり、夏休みなどの夏期講習が始まったりなどのきっかけで、子ども自身や親が塾に興味を持つことが多いようです。

通知表が下がった!1や2の最悪な内申…中学生の親は先生へ相談?

学期末終業式を迎え、通知表を中学校からいただいて帰った中学生も多いと思います。 保護者としては、通知表が前回の成績よりも下がっていたり、1や2がついたりしていたら、とても心配ですよね。 内申点として、高校入試への影響も気になります。 3学期だと成績が確定してしまいますが、1学期2学期なら3学期に向けて挽回のチャンスもあります。 どういった対策が考えられるでしょうか。

中学生の子が塾に行っても成績が上がらないのでどうすればいい?

中学生の子が塾に行っても成績が上がらなくて困っている親御さん、結構多いと思います。 子どもの努力が足りないのかもと思いつつも、塾の指導力を疑いたくもなりますよね。 受験もだんだん近づいているのに、受験勉強どころか、定期テストごとの提出物をこなすのにも一苦労...テスト勉強までたどり着けなくて悩んでいるケースも多いのではないでしょうか。 わたしは自分の子育てのほか多少家庭教師の経験もあり、勉強の苦手な中学生のお子さんに何人か接することがありました。そういう子が基礎学力をつけて大人が接し方を変えるとお子さんにも良い影響があったと思うので、参考になるようなお話ができればと思います。

中1三者面談内容先生に聞くこと話すこと成績悪い勉強の仕方高校受験

中学1年生の三者懇談(面談)を控えている時期のご家庭も多いと思います。 中学生とはいえまだ高校受験の話は早いようだし、何を話せばいいのか困っている保護者の方も多いですよね。 成績が悪い、伸び悩んでいるお子さんの場合は、耳の痛い話になりそうで、親子で気が重い場合もあるでしょう。 あまり気負わず、先生からのアドバイスを前向きに生活や学習に生かしていく機会にしましょう。

テスト勉強のやり方中学生集中する仕方方法コツ計画表スケジュール帳

テスト勉強のやり方がわからない知りたい中学生やその親御さんは、何か特別な良い方法を求めているかもしれませんが、実際にはとてもシンプルな方法で平均点以上であるとか、現状よりもさらに高得点を目指すことはできると思います。 いま、伸び悩んでいたり、成績が低くてやる気が出ないなどで苦しんでいるお子さんの場合は少し助けが必要かもしれません。

高校は公立トップ校目指す小学生に塾必要?公立トップ高校への勉強法

小学校高学年になると、子供たちも中学受験組と公立中学進学組でだんだん意識や雰囲気が変わってきますね。 勉強はできるけど中学受験はせず、高校受験を頑張りたいというご家庭も多いと思います。いわゆる都道府県立の公立トップ高校を意識し始める親御さんお子さんもいらっしゃるでしょう。 小学校のうちから、塾や通信教育が必要でしょうか。我が家では二人の娘を公立トップ高校に進学させた経験から考えてみました。

小6勉強しない塾必要か男子女子言うこと聞かない口答えゲーム依存

小学校の最高学年として小学6年生になると、公立中学入学を控え、勉強、成績のことが親御さんも気にかかってくると思います。 高校入試には最初の定期テストから内申に響くなどのケースも実際ありますし、志望の公立高校、私立高校に行けるように勉強で困らないようにしてやりたいのが親心です。 ただ、小6といえば思春期で反抗期もあり難しい年ごろで、勉強の嫌いなお子さんの場合特に心配されているご家庭も多いのではないでしょうか。