中学受験算数対策の自宅学習は?小学低学年からの先取りで得意になる

中学受験をお考えのご家庭では、小学校3年生から4年、5年、6年生などに上がるタイミングで、中受用の進学塾への入室をご検討のご家庭も多いと思います。 ただ、塾では、小学校の学年相当のレベルの習得はもちろんのこと、すこし踏み込んだ力を持っていることで、お子さんが自信を持ち、受験勉強のよいスタートを切れると思われます。 塾に行きだす前に、特に算数については、楽しみながら考える力を深める習慣を家庭学習で身に着けられるといいですね。 幼児から小学生向けの算数に特化した家庭用タブレット学習が最近注目されているのでご紹介したいと思います。

中1最初の中間テストが肝心中学定期テスト勉強対策高校受験内申は

中学入学に当たって、「中1になった最初は自分で勉強させて様子をみて、必要なら夏休み、2学期から塾や通信教育を考える」という親御さんの御意見をよく実際に見聞きします。 本当に多いんです。 でも、正直申し上げますと、その後、実際に成績が良くなかった場合には、塾や通信教材を使っても、すぐに上がるケースというのはあまりききません。 わたしは中高生の子どもが二人おりますが、二人をみていて痛感するのは、「定期テストは最初が肝心」「中1の初めての中間テストが勝負」ということなのです。 親が中学の入学前から最初の中間試験対策を考えているかどうかはとても大きな差を生むと感じています。

テスト点数悪いことを親が叱るよりも効果的な中学生点数アップ勉強法

中間期末の定期テスト、実力テスト、模試など、テストの結果が戻ってくるのは、お子さん本人だけでなく、親、保護者の皆さんもどきどきしますよね。 良い成績をキープできていたり、前回よりも上がっていたりしたら、自然に褒め言葉が出てきますが、よくない結果が戻ってきたときについ叱ったり、小言をいったりすることもあるのではないでしょうか。 その次によい結果を出すために、悪かったときに親がどう対処するか、考えてみることも大事だと思います。

テスト成績上げ方中学生上げる方法習慣環境づくり下がった順位上げる

中学生のお子さんの保護者の方で、テストの成績の上げ方を知りたい方は多いと思います。 私の子どものクラス担任の先生も、クラスの子たちはとても良い子たちなのに、勉強が苦手な子が多くて悩んでいますと先日の懇談会でおっしゃっていましたし、参加した保護者のみなさんも、口々に勉強、成績の悩みを口にされていました。 お子さん自身の努力ももちろん大事なんですが、わたしは、成績のよい子たちを見ると、「勉強する体の形」というか「勉強への姿勢」というのが、まずはポイントなのかなという気がしています。

大学受験目指す高校選び公立私立偏差値選択コツ指定校推薦国公立大学

中学生の保護者はどうしても目先の高校受験に集中してしまいがちですが、高校を終えた後、就職するのか、大学や専門学校に進学するのかなど、その先の進路を見据えて、お子さんに合う高校選択をするという視点も大事です。 大学に進学希望のお子さんの場合は、希望する大学に進学するのに有利な高校を選ぶのが大事です。 保護者の先輩方にお話しをうかがう機会があったので、勉強したことを御紹介したいと思います。

高校受験志望校決定時期高校選びいつから下げる上げる変更失敗しない

先日、公立中学1年の子どもの保護者懇談会に行ってきました。 学年全体のもので、高校受験についての情報提供ということでしたが、複数の先生が教師としてではなく、親として経験した高校受験、大学受験について体験談をしてくださり、保護者の先輩としての御意見もいろいろあって、とても参考になりました。 うかがったお話の中から、一般的にも参考になると思われるご意見や情報をご紹介したいと思います。

勉強方法脳科学インプット以上にアウトプットが重要場所を変える効果

先日、中学生の効果的な学習方法について、ある塾の説明会に参加してきました。 脳の特性を知って学習に生かすという発想はわたしにはなかったので、とても勉強になりました。 せっかくなので、勉強になったことをいくつか御紹介したいと思います。 受験生向きの内容ですが、もちろん小学生から高校生まで役立つ内容だと思います。

勉強できない中学生成績悪いやり方がわからない頭の悪い子供塾やる気

勉強ができない、成績が伸び悩んでいる、下がっていることで、お悩みの中学生の保護者の方は多いと思います。 親や先生が勉強のやり方をアドバイスしても素直にきいてくれる年頃でもなく、ゲームやスマホなどの誘惑も多いので、長い時間机に向かわせるのは難しいですよね。 つい、きつい言葉で注意したり、しかりつけて喧嘩になってしまうようなことも少なくないのではないでしょうか。 しかし、子供も顔をつぶすようなしかり方をされると、ますます心を閉ざしてしまいます。 何から手を付けたらいいのでしょうね。

中1三者面談内容先生に聞くこと話すこと成績悪い勉強の仕方高校受験

中学1年生の三者懇談(面談)を控えている時期のご家庭も多いと思います。 中学生とはいえまだ高校受験の話は早いようだし、何を話せばいいのか困っている保護者の方も多いですよね。 成績が悪い、伸び悩んでいるお子さんの場合は、耳の痛い話になりそうで、親子で気が重い場合もあるでしょう。 あまり気負わず、先生からのアドバイスを前向きに生活や学習に生かしていく機会にしましょう。

三者面談高校大学受験に向けて進路先生に説明確認入試あるある親態度

高校生のお子さんの三者面談を控えているご家庭も多い時期だと思います。 大学進学を希望されている場合、先生とのお話はとても重要になってきますよね。 高校1年では文理選択や生活学習態度の指導評価、高校2年では具体的な志望校のイメージや生活学習態度の指導評価、高校3年生では、決定した志望校に向けての学習アドバイス、成績状況の見方、スケジュール確認や各種手続きなどが主な話題になるかなと思います。 三者面談を有効に活用するにはどういうことに気を付けるのが良いでしょうか。