志望校高く設定高校受験大丈夫?レベル高い諦めたくない受かるため塾?

高校受験では、中3の最初のうちは高めの偏差値レベルの志望校を設定して学力アップをめざすのがよいという話をよく聞きます。できればそのまま学校のランクを下げずにお子さんが最後まで受験を走り抜けられるといいですよね。 ただ、受験勉強期間の中で、模試の成績などで上下があり、受験は水物という面もありますから、見守る親としてはいろいろな可能性を考えておく必要があります。志望校の設定の仕方はどのようにしていったらいいでしょうか。

勉強の遅れ取り戻す塾どう探す?遅れてる英語数学国語社会理科対策は

新型コロナの影響で緊急事態宣言となり、突然の長い休校期間があり、十分勉強できずにお子さんの勉強の進み具合を心配されているお父さんお母さんも多いと思います。 学校からの課題も自主学習も、しっかり勉強できている子との差が開いたと心配されているご家庭も多いでしょうが、休校期間を元気に過ごせただけでも十分だと思います。勉強、学習の遅れはこれから取り戻していきましょう。

提出物出さない中学生定期テスト内申点影響は宿題課題間に合わない

中学生になると、定期テストと同時にワークやプリント、ノートなどの提出物、宿題、課題が課せられることが多いと思います。 提出物をやる気がない、出さない、息子さん、娘さんに悩んでいらっしゃる保護者の方も多いのではないでしょうか。 口うるさく注意しても難しい年頃でもあり、なかなか気持ちが通じなくて困ることもあるのではないかと思います。 しかし、ちょっと踏みとどまって、なぜ、お子さんが提出物をやらないのかを考えてみる必要があるのではないでしょうか。

中学生本当に勉強の出来ない子どもの学力アップ方法辛い短期間近道は

ココには書けない、口に出しては言えないほどの悪い成績のお子さんを持つ保護者の方の悩みは深いと思います。 中学生で高校受験も目前なので切実ですよね。 それなりに手をかけお金もかけてきたのに、と首をかしげながらも現実をうけとめ、なんとか改善しようと焦るのは親ばかりで、子供は他人事のよう...。 でも成績アップを望んでいるのは実は子どもさん自身だと思います。 良い方法を一緒に探して応援してあげましょう。

テスト点数悪いことを親が叱るよりも効果的な中学生点数アップ勉強法

中間期末の定期テスト、実力テスト、模試など、テストの結果が戻ってくるのは、お子さん本人だけでなく、親、保護者の皆さんもどきどきしますよね。 良い成績をキープできていたり、前回よりも上がっていたりしたら、自然に褒め言葉が出てきますが、よくない結果が戻ってきたときについ叱ったり、小言をいったりすることもあるのではないでしょうか。 その次によい結果を出すために、悪かったときに親がどう対処するか、考えてみることも大事だと思います。

通知表下がった最悪1や2がついた内申は成績悪い中学生親先生への相談

学期末終業式を迎え、通知表を中学校からいただいて帰った中学生も多いと思います。 保護者としては、通知表が前回の成績よりも下がっていたり、1や2がついたりしていたら、とても心配ですよね。 内申点として、高校入試への影響も気になります。 3学期だと成績が確定してしまいますが、1学期2学期なら3学期に向けて挽回のチャンスもあります。 どういった対策が考えられるでしょうか。

タブレット学習スマイルゼミとすらら比較評判口コミ費用お得なのは

タブレット学習でジャストシステムのスマイルゼミという教材がよく知られています。 良質の教材がお安く利用でき、学校の教科書や9教科も対応するということで、中学生にも人気があるようです。 一方で、3教科のみの教材ですが、タブレットやパソコンで学習できるすららというデジタル教材もあって、最近注目が急上昇しています。 こちらは無学年制で必要なところまでさかのぼったり先取りできたりという特徴があります。 タブレット学習教材を検討する場合この二つで迷うことも多いと思うので、比べてみました。

小学校通知表あゆみ付け方おかしい3段階5段階観点項目納得成績評価

小学生のお子さんは学期末に通知表、通信簿、あゆみ、などをいただいてくると思います。 今回の成績はいかがでしたか? テストや提出物に落ち度はないはずなのに評定がよくなかったり、案外意外な成績をとってくることがありますよね。 小学校の通知表でよい成績をとるコツはあるのでしょうか。 また、小学校の成績は中学校にどう影響するのでしょうか。 うちの娘の通知表をふりかえってみたいと思います。

勉強できない子供の特徴理由は小学校時代に鍵中学生集中する勉強法

わたしはプロの教師ではありませんが、家庭教師や通信制高校のサポート校(通信制高校専門の学習塾)などでアルバイトをしたことがあり、勉強が苦手で学習が遅れている中学生、高校生といっしょに勉強をした経験があります。 勉強できない子供のタイプはさまざまですが、共通して感じるのは、勉強の遅れは小学校時代に始まっていることが多いということです。